• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • GW期間中、熱海「長浜海浜公園」施設ほか近隣の釣りスポット等を監視するボランティアグループの存在とは。

GW期間中、熱海「長浜海浜公園」施設ほか近隣の釣りスポット等を監視するボランティアグループの存在とは。

先日、
熱海市でも、
新型コロナウイルス感染者
第一号が出たことで、
市民の間に
激震が走りました。

この事態を前に、

熱海市は、

非常事態宣言を発信し、
GW期間中の、
基幹産業事業者に対する、
休業要請と全市一丸となった、外出自粛要請等など、
市民の間に、
緊張感が走るなか、GWに突入しました。そんな中、
全面使用禁止となった、
熱海市長浜海浜公園への
(うみみえーる長浜)

利用者に対し

◎感染しない◎感染させない
◎ばらまかない3無い、
”ウイルス感染防止策を掲げ、
同公園施設他、
近隣の釣りスポット等を、
期間中の、
見守りを行う
地元ボランティア方々を
ご紹介致します。メンバーは、
市の消防署職員を含めた
地元の方々です。本来であれば、GW期間中の長浜海浜公園は、市内外から多くの、
来遊者が訪れ賑わう、
レクレーションスポットなのですが、敢えて今期間中、他県ナンバー他で来熱し、
或いは、

使用禁止の看板を無視する、
利用者に対しては、

嫌われ役を買ってでも、

上記の

3無い感染予防策をモットーに、

地元民として、
子どもたちを守るためにも、

禁止事項を、
しっかりと守らないと
ダメですから

侵入者排除のため、

昼夜交代で
見守っていきたいと、
決意の程を示して頂きました。

では、

公園内使用禁止の
看板を立てた後にどのような、
状況が起きていたのか、

今日午前中に現地に飛び、
レポートする予定です。

 

 

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment