• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海花の博覧会巨額赤字垂れ流しの教訓生かせず、熱海国際映画祭炎上とそのツケ。

熱海花の博覧会巨額赤字垂れ流しの教訓生かせず、熱海国際映画祭炎上とそのツケ。

今日で、

熱海市議会の
9月定例会が閉幕しますが、

今回は、壇上にて、
補正予算に対する
反対討論を行います。

反対する内容については、
反対討論の
原稿を掲載致します。

・・・・

熱海市政調査会の村山憲三です。
ただ今から、
今定例会に上程されました

議案第48号
熱海市一般会計補正予算(第2号)
2款総務費、
訴訟事務費342万余円、
6款観光商工費、

映画祭訴訟代理人委託料100万円、
並びに、
実行委員会負担金の減額
1500万円に対する
反対討論をさせて頂きます。

平成20年3月28日、
斉藤市長は
「熱海花の博覧会」の
巨額な
市税垂れ流しに関して、
次のように総括しています。

熱海花博は
赤字補てんのために
多額の
補助金支出を伴いました。

◎組織体制、
◎市民行政の熱度、
◎短い準備期間、
◎見通しの甘さ、
◎弱体な組織、
◎不十分な
市民への周知などが見られ、

厳しい結果を生み出す
要因となりました。

今後、

行政が関与する
イベント事業の開催にあたり、

教訓として深く
真摯に受け止めるべきだ」という、

反省の弁があったにも関わらず、
映画祭を強行し

市民の血税を
投入しようとしていることを
前提に
反対討論をさせて頂きます。

(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment