Today's Kenzo

Published on 6月 9th, 2019 | by ken@jyohou.com

0

川の水や池の水を手軽に飲める、携帯型浄水器と災害対策用浄水器で災害時の”水”確保。

かりはな製作所は、

災害対策浄水器の
専門メーカーというより、
浄水器の用いる、
カートリッジや
高精度フィルターを
製作販売しており、

主に、

業務用災害対策用浄水器と、

特許申請中の
携帯型浄水器を二本柱に
製造販売しています。

携帯用につきましては、

0,1ミクロンの
”中空糸膜”を使用しており、
世界中
どこでも使えるいうことです。

例えば、

原水をテストした場合、
一般細菌7200/mlあるものが、
上記の
カートリッジで浄水化すると、
0個/ml、

大腸菌に至っては、
陽性反応がでたものが、
陰性(不検出)となり、

一般細菌反応試験紙による
河川水を検証したデーターでは、

主に除去できた細菌類は、

大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌
ブドウ球菌、コレラ菌、
エキノコックス、マイコプラズマ等で、

キャンプやアウトドア等の
飲水や
料理に使用するだけでなく

海外旅行先の水道水も、
かりはなの
携帯型浄水器があれば、
安全に飲めるといいます。

災害発生から
ライフラインが
完全に復旧するまでは
数か月の期間を要します。

特に

発生直後に
水や食料などの

公的支援を受けられるまでは

最短でも3日。

交通事情の悪い過疎地や
人口が密集する都市部などでは、

こういった支援が
行き届かない事態も想定されますので、

かりはな製作所さんの

業務用浄水器や
携帯型浄水器の用途は、
限りなく広がりますが、

小生を始めとした一般市民は、

災害に対する危機感は薄いことから、

こうした、

災害対策浄水器を含めて、
熱海市の
防災管理システムの
充実の一環として、
役立てればありがたいのですが・・・。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑