「東京ビッグサイト」で映像・CG制作展。(6日まで開催)

先日、

東京ビッグサイトで開催の
第6回映像・CG制作展に
AR(拡張現実)で出店している、

知人、

映像制作プロダクションの
株式会社BBメディアの
田中仁志氏のお誘いで

池田修一氏(JSOトップス)と

同社の展示ブースや
他のARやVRブースを
見てまわってきた。

田中氏の会社が開発した
最新の
AR技術を活用した

ARガイド[NAT]は、
展示ナビゲーションアプリ。

例えば、

ARを設定した会場で
スマホをかざすと、

ガイドキャラクターが登場し、
場所に応じた
フロア案内をしてる。

展示物に吹き出しや
3DCGを表示するなど
多彩な表現で、

従来の

人や音声ガイドでは
不可能だった
展示案内ができるようだ。

ビービーメディアでは
2017年6月のリリース以降、

東京消防庁、不二製油、
オービィ大阪、森永製菓、
オリエンタルランド、
資生堂、TBSの
各企業が導入しているという。

小生も3年前から

名刺に
アニメと曲を入れた
ARを活用しているが、

今回は、

先端企業の映像、CG制作展の
限られたブースから
参考になるものだけを
吸収してきた。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top