• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(87) ー1971年、オペレーターのデーターをコンピューターで管理•分析して品質向上ー

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(87) ー1971年、オペレーターのデーターをコンピューターで管理•分析して品質向上ー

今朝は

御殿場市畑岡で開催される

陸上自衛隊平成29年度、
富士総合火力演習を観るため、
午前8時30分に、
熱海を出発するため、
早めのブログアップは、

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝、
”わが人生”のブログ版
その第(87)回目を掲載する。

/////

ーだからたった一枚の
プリントもおろそかにしません。

自動焼付け機から
ドンドン出てくる写真から、

補正の必要な写真を
どれだけ見つけられるか。

どこまで
うまく補正ができるか。

それはオペレーター個人の
能力にかかっていました。

そこで私は、

各オペレーターの

補正処理に関するデーターを
コンピューターで管理•分析し、

良い製品づくりに
反映させようと考えました。

前回お話しした

富士通の「FACOM230-15」を
1971年に導入したのは、

事務処理の合理化のほか、
この目的があったのです。

しかし残念ながら
うまくいきませんでした。

その後も最新鋭の機械を
次々導入しますが、

補正の段階で
“人”に頼る部分は
なくなりませんでした。

フィルムや写真の集配の面で
人のチカラは不可欠でした。

後年、

私どもの会社は
写真DPE事業から

「万葉の湯」「万葉倶楽部」の

温泉事業に大きく転換します。

両者は一見
まったくの異業種ですが、

人の力を活用しお客さまに
喜んでいただくという点では
実は同じなのだと思っていますー

(つづく)

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment