• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 細川淳一筑波大名誉教授の個別化医療の専門家としての健康法。

細川淳一筑波大名誉教授の個別化医療の専門家としての健康法。

細川淳一氏(筑波大名誉教授)の他、

国際食品機能学会会長を務める。

細川氏の持論は、

日本人の食生活の欧米化と
食環境の変化が

健康を蝕んでいるとして
警鐘を鳴らしつつ、

自然治癒力を高める
食習慣や適度な運動と
睡眠を習慣づけ、

精神的の安定を図り、
自己の健康管理が
何よりも大切であり、

免疫機能の向上を図り
未病対策の重要性と
健康管理を実践しながら
高齢社会をエンジョイしたい。と、

飲むヒアルロン酸を開発し、
サプリメント◯潤を世に出した、
専門家としての知識を小生も
出来る範囲で吸収している。

また、

認知症や脳機能についても、
アダプトゲン製薬の役員として
研究に余念がないことから、

廣瀬金沢大名誉教授の
遠赤外線Coffeeをもとに、

脳機能の維持に重要となる、
”ビタルゼリー”(仮称)の試作を
アダプトゲン製薬でも、
お引き受けできるとの、
前向きな回答を得ており、

廣瀬教授の窓口である、

古川光男氏(マザーズ)に
伝えたことから、

今月中旬の金沢行きが決定した。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment