熱海駅ビルリニューアルにむけ、夜の繁華街(中央町&渚町)に”不夜城あたみ”の創出を!!

さて、昨日の続きだが、

熱海市の8月の入湯税課税人員と
入湯税の詳細を記載すると、

ホテル•旅館•寮保養所等の
宿泊と休憩291施設の課税人員は

30万6236人で前年同月を

2万6884人(9・19%)下回った。

課税人員のうち宿泊は
29万6574人で

休憩は9662人。

ということで、

4カ月連続で前年同月減となった。

◆5月=1万2510人減
6月=6520人減
7月=2623人減
8月=2万6884人減

◆入湯税

地方税法に定められている、
温泉などで徴収される市町村の税金。

課税されるのは、

鉱泉施設があるホテル、旅館、
スーパー銭湯、健康センターなど。

税額は1人1日当たり150円。
宿泊者数や
日帰り観光客数を測るベースになる。

熱海駅の乗降観光客数や
日帰り客数は年々増加しているが、

熱海市としては、

来月リニューアルオープンする
熱海駅ビルに頼る他力本願的
便乗施策ではない、

市内に

”お金を”落としたくなるような
インフラ整備を急ぐべきだろう。

例えば、JTBが企画する

”熱海意外とスナック”プランには、

期間内の風俗営業時間延長や
夜の繁華街を盛り上げる為にも、

飲食店が集まる中央町や渚町等を

イルミネーションで飾り、

”不夜城熱海”を演出するための、
予算計上について質したいものである。

写真は熱海ネット新聞より

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top