故梅原一美熱海市議会議員を偲ぶ。④

故梅原一美氏の通夜は、

明日午後6時より
JAアイラ南熱海ホールにて
営まれる。故人とは、

昭和57年、自宅ビル買収時に
県の改善命令を担当した
県の職員として、また

熱海市議会では当初、

齊藤市長を支える「11会」や
「熱海会」の同志として、

断酒前は飲み友達として、
小生が熱海温泉新聞にて、

旧川◯市政を糾弾すべく、

”実録熱海市政”を発信しつつ、
体制批判の急先鋒だったことや、

故人が県職員時代に培った、
県会議員と市議会との微妙な
パワーバランスや

ボス型政治による公共事業、
ハコもの政策の側面や裏側を
熟知する者として市議会では
暗黙の絆があった。

何れにしろ、故人と小生、
これまでの流れを振り返れば、
直接的間接的な縁を感じている。

市議会初当選以来盟友としてかつ、
肝胆相照らす仲として自他ともに
認めていた同僚議員の、

高◯幸雄議員と袂を分かち、

闘病中の今年7月、
新たに発足した別会派に属しのは、

一体何を意味するのだろうか、

さて、旧聞に属する話しだが、

小生、旧岡本ホテル跡地の
購入に至る不透明な流れや、

実勢価格よりも高すぎる
購入価格に異論を挟み、
当局を追求してきた経緯がある。

当局側は、

将来的に役立つ立地にあり、
この機を逃がしては、
他の民間業者への転売懸念を楯に、
買収ありきで押し通し、

スッタモンダの末に、

1500万円の値下げを持って
市議会を寄り切った経緯がある。

次回は、

今回の複合施設建設の前段の

”2013年9月議会での
旧岡本ホテル購入に関連する、

故梅原一美氏の質問と答弁をご紹介したい。

(写真は熱海ネット新聞より)

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment