宮地陽博氏(熊本在住)の被災状況を中継する。

一向に止む気配の見えない熊本地震。
TVの映像から入る被災地の情報は、

5年前の6月1日に東日本大震災で
大打撃を受けた東北3県を視察し、

熊本には何度も視察した者として、
早期沈静化を願うばかりである。

熱海温泉に住む者としても、
地震に対する予備知識を改めて
認識しているところでもある。

今日は今回の地震で被災した、
熊本在住の知人「宮地陽博」氏の
断水中の状況を投稿写真を
転写するとともに、

全国に温浴施設15施設を展開する
万葉倶楽部博多館の間接的被害と
その心構えについて、
高橋弘会長のfbからご案内する。

ー万葉倶楽部は北海道旭川市から
九州博多迄に15カ所の施設が有り、

自然災害は大なり小なり影響します。
博多館は湯布院から130kmの間、
温泉を運んでいるが、(今回の地震)

汲み上げのポンプが停止、
大分道もストップしたことで、
全く人ごとでは有りません、

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment