元祖食べるヒアルロン酸とは。

現在小生が教えを頂いている、
細川淳一氏(筑波大学名誉教授)は、

国づくり人づくり財団学術顧問、
日本スポーツ学会運営委員のほか、
アダプトゲン製薬筆頭顧問として、
共同研究者に名前を連ねている。

つまり、健康食品サプリメントの
第一人者としても活躍しており、

中でも。食べるヒアルロン酸、
ECM・Eを世界で初めて開発し、
世に多くのヒアルロン酸ブームを
巻き起こした。では

ヒアルロン酸について、
細川氏より頂戴した資料を抜粋する。

ヒアルロン酸はわずか1gで
6ℓの水を保有すると言われる
優れた保水力と高い粘弾性をもつ
物質だという。このような性質から

化粧品や医薬品として使用されてきた。

私たちの皮膚や軟骨、関節液等に、
特に多く含まれ、

◯肌水分の蒸発を防いだり、
◯膝などの関節で潤滑油や
クッションの役割をしている。

ただ、加齢により体内の
ヒアルロン酸含有量は減少し

ヒアルロン酸の減少は即ち、
体内水分の減少をもたらし、
様々な現象の引き金となっている。

愚妻もここ数年来、加齢に伴う
肥満とその重圧を支える
膝の痛みを抱えあちらこちらの
専門医に診てもらったところ、

何の医者からも痩せることだ、と、
診断され痛みを引きずりながら、
商売を続けてきた。これまで、

TVのショップチャンネルの
PRに洗脳された”皇◯”の定期購入も、
他のサプリメントも全く効果はなく、

細川氏に愚妻の悩みの種である
膝の痛みを緩和する良薬について
相談したところ、

ヒアルロン酸開発製造業者2社を
紹介された。そしてその2社のサプリを
交互に約3ヶ月試飲し続けたところ、

ここ2週間ほど前から、

掛かりつけの医者からの痛み止め薬を
ストップするまでに、
嘘のように回復してきた。ただ、

体重も落ちてるところは見られず、
細川サプリが役立っているかは、
先生には失礼な話だが早計であり、

もうしばらく様子を見てから、
報告する予定だが、そのサプリの

エビデンスを含めてもう少し
詳しく飲むヒアルロン酸について
ご案内していきたい。

(つづく)

 

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment