認知症患者急増とその対策を模索する。

朝のワイドショーでは連日のように、
日本の高齢化問題と認知症に関する
ニュースが流れている。実際問題、

現在の認知症認定患者は450万人、
2025年には750万人に膨れ上がると
予測されている。昨日も都内の

栄養補助食品製造メーカー役員と
打ち合わせがあり上京する。

その目的は、認知症改善に役立つ、
サプリメント(プラズマローゲン)の
試飲した経過報告と同種スプリなど
他社製品に精通する専門家である

「H」筑波大学名誉教授に、
ご意見を聞くためである。さて、

新幹線熱海駅上りホーム4番戦で、
東華軒のこゆるぎ弁当を抱えて、
電車を待っていると、ニコー保険の

雨宮克重さん(ニコー保険)と
バッタリ遭遇した。お互いの手に、
駅弁が握られていた。雨宮氏は

保険会社の代理店会議があり、
上京するとのことだが、

東京駅まで昼飯を食べながら、
楽しく過ごした。雨宮氏とは

雨宮鷹彦氏(ニー社長)を通じて

彼が日体大学生の頃からの
お付き合いだが、”駅弁”を前に、

IMG_6819
IMG_6820

改めて時間の経過の早さを知り、
縁の深さも語りあうなど、
アッと言う間の一時間を共有した。

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment