ファイバースコープで早期発見、鼻の奥の癌や咽頭癌のチェック!!

大相撲初場所が始まり、TVを前に
贔屓力士の勝敗に一喜一憂している。

そんな中、元小結の十両・時天空が
悪性リンパ腫で抗がん剤治療を行い
闘病中である事が報道されている。

さて、悪性リンパ腫と云えば、
平石啓三郎氏(関東警備保障)も、

同じ悪性リンパ腫(ステージ3,5)で、
当初はかなり重い診断をされ一時は

危ない状態にあると心配されたが、
抗がん治療が奏功し一時の危険な
状態を脱し関係者を喜ばせている。

ただ、平石氏が発病の引き金とする、

”とある人物”に対する人間不信は、
今に引きずっていると話しており、
周囲も含めて今後の動向が注目される。

おっと、話しが逸れたが時天空には、
早期発見早期治療でステージも低く、
五月場所までには完治する見込みという。

さて、余談だが昨年末に耳の治療で
渡辺耳鼻咽喉科にて診断した、

光フィバーを使用した精密検査は、
耳鼻咽喉科独自の検査といい、

これまでに極めて検査しにくかった、
鼻の奥や、喉の奥が苦痛なく、正確に
できるようになっただけでなく、

”鼻の奥の癌や”、咽頭癌の早期発見に、
今では欠かせない検査であることを
再度、PRしておきたい。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top