渡辺耳鼻咽喉科のインフレエンザワクチンは安心です。

愛犬ふ〜との散歩の後、駅前第一ビルへ。
渡辺耳鼻咽喉科にて診療を受ける。

今朝は、DR渡辺のゴッドハンドで
耳と喉の治療を受けながら質問した。

前回射った予防接種のことである、

そのインフルエンザワクチンだが、
薬の製造方法でルール違反をやり、
その証拠を組織的に隠ぺいしたとして、
薬事法違反と品質と安全性が問われた、

”化◯研”のワクチンなのかを、
単刀直入に聞いた。まったく別もの、と
笑いながら軽く一蹴され、安心する、

また、ここ2~3日コタツで寝たせいか
起床する際の喉の痛みが気になっており、
患部の治療と薬を出して貰う。にしても、

DR渡辺の歯切れの良い会話と
福々しい笑顔、流れる手さばきには、
患者の心も癒す不思議な魅力がある。

午後からは市内中央の不動産業者と
佐口静男氏(佐口農園)自宅近隣の
不動産開発の素案を下に現地視察する。

山口藤子さんの熱海今昔の②である。

・・・・

それぞれ大きく商売していて、
その為、馬力車がよく通ったが、

馬糞と、長々と尿水し
臭くて困ったもので、
直ぐ取り除いたり、水で流したり、
大さわぎしたものである。お客は

人力車を利用して旅館に行った。
駅前に提灯を下げ赤い毛布を持って

お客待ちしている車夫は
半纏、股引、独特の笠を被っていた。

梶棒の横に黒色のラッパがついていて、
時々プップーと鳴らしたり、
はいよーのかけ声の時もあった。

元咲見荘の処は下田牛乳屋と云った。
その一帯に牛が鳴く牧場で牛乳を配達していた。

大正から昭和9年丹那トンネルの開通まで、
昭和10年伊東線網代開通まで、
林ガ丘のトンネル上は、鉄道が未だなく、
あの辺一帯土手であった。
のんびりしていたものであった

(熱海〜小田原駅開通大正14年3月

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment