自衛隊静岡地方協力本部広報室長他来熱。

今朝は午前9時30分に市内昭和町にある、
老舗旅館「新かど屋」社長室を訪問する。

勝手知ったる裏口から調理室を抜け、
約束時間キッカリにドアをノックすると、

鵜沢社長と加藤税理士が待機していた。
ここには、久しくご無沙汰していた。

断酒前には頻繁に鵜沢社長を慕う市内各界の
仲間が集い鵜沢氏自ら料理する美味しい
創作料理を囲み、夫々が持ち寄った情報を肴に、

名のあるワインやシャンパンが用意され時には
その宴会に日本酒が加わり、へべれけとなり、
酔いつぶれてはその度、お世話になった。その

記憶が未だ鮮明に残っているが、今日の要件は

はつしま入港イベントへの協力要請である。

鵜沢社長は伊豆小型船安全協会のトップで、
熱海市の観光イベントの一つである、海を舞台の

”マリンフェスタ・アタミ”の主催者も兼ね、
熱海港を熟知し掌握するドンの一人でもある。

予てより、市の観光まつづくり補助金を活用した

熱海観光防災のプラン立案時から、鵜沢氏を
海に関するプロとして協力を仰いでいた。また

先週月曜日、落選し足取りの重い小生だったが、
議長応接室にて「掃海艇はつしま」熱海入港に際し、
現地視察にきた自衛隊静岡地本の広報室長等と
打ち合わせた後、会場視察のため表に出たところ、

偶然にも第3庁舎前の市道を歩く加藤税理士と
バッタリ会い、地本の皆さんにも鵜沢氏と加藤氏の
繋がりを話し、はつしま入港が着々と進んでいることを、
鵜沢氏に伝えて頂くようお願いしていた。
地本の皆さんと
地本のみなさんと応接室

 

 

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment