廃棄処分する魚を加工して、熱海の特産品にする試み。

今朝も定番散歩の後議会事務局に入り、6日登壇日の
質疑応答の際の前置き骨子を事務局でプリントアウトし、

角田観光課長と八木室長を交えて、質問通告書の中に

観光防災と掃海艇はつしま入港に関する主旨、つまり、
熱海市にとってどのような波及効果があるのかについて

ジックリ説明する。そのあと、健康素材研究所の

山東幸一社長に電話を入れる。先日、宇田水産の
宇田勝社長が自社や市場で廃棄処理する鮮魚の
再利用を目的に、15キロのアジや雑魚の骨を

山東氏が指定する加工工場に送付しており、その後の
進捗状況について探りを入れてみた。山東氏の話しでは

◯谷園系の子会社にて調合しているようだが、今一、

キチンキトサンを調合したサプリメント的な納得のいく
状況にはなっていないとのことである。ただ、話しでは

フリカケ的食材には難なく加工できるといい、6日の
登壇日までに間に合えば、魚の廃棄処理からふりかけに
再生した商品見本が届くようお願いする。さて、

山東2
(社員向って右が山東氏。隣りが国際機能食品協会の細川会長)

施政方針の続きを掲載する。今日は経営企画部門から、

(1) 経営企画部門

ーまず、経営企画部門についてです。
人口減少の克服と地方創生を目指した政府の

「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、

本市としても、平成27 年度中に中長期の人口を推計した
「地方人口ビジョン」と、5 ヵ年に渡って重点的に取り組む
政策をまとめた「地方版総合戦略」を策定してまいります。

また、平成27 年度は、第四次熱海市総合計画の前期の
最終年度を迎えることから、次の5 年間の事業の
方向性を定める後期基本計画の策定も必要となります。

内容面では、地方版総合戦略の策定と調整を図りながら、
また手法面では、市民ワークショップの開催や審議会の
開催など市民参画を得ながら、検討を進めてまいります。
(つづく)

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment