自衛隊静岡地方協力隊(地本)広報官来庁

定番散歩の後控室に入る。名川防災監及び八木観光課室長と
来年2月14日に開催予定の、熱海での災害時発生時の

自衛隊による救援活動と被災者の心構えと
横須賀地方総監部の南海トラフ地震対処計画に関する、

熱海観光防災協議会「はつしま」会主催のセミナー並びに、

熱海駅前及び梅園敷地ないにて同時開催する自衛隊の
炊き出しやホテルのシェフが作る炊き出しをメインにした

関連イベントについて夫々の所管課との調整について
意見交換する。このあとm朝食時に一旦中央町の
事務所に戻り近所の弁当屋さん(ソフィア)から、
幕の内弁当を注文して、スタッフやPC119番の土沢昇氏と
味わいながら噛み締め、各々が拾い集めた最近の町の
噂話をお茶代わりにしてランチタイムを過ごしていると、

事務所の前に車が止まり、中から
「松井祐介自衛隊静岡地方協力隊主任広報官」が
広報活動の一環として続けている海自新聞を運んできた。

これはGOODタイミングデある、丁度いい機会である、前回

熱海港七半岸壁に接岸した特務艦「はしだて」での
内覧会ではご紹介できなかった、前記八木職員と
遠藤事務局職員と名刺交換しながら、松井広報官には

熱海観光防災協議会「はつしま会」を創設の理由について
事細かに説明し広報官が熱海出身であることも伝えた。
松井広報官と
自衛隊新聞

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment