• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 東銀座通り商店街の懊悩。道路拡張等行政指導のもと誕生した共同ビル街の空洞化とその対策に迫る。

東銀座通り商店街の懊悩。道路拡張等行政指導のもと誕生した共同ビル街の空洞化とその対策に迫る。

今日は愛犬との散歩の後上京し、先程帰宅した。
防衛省や警視庁及びディズニーランドのライセンス商品を
製造販売する株式会社東栄や健康夢空間本部他を訪問する。
目的等については後日記載するとして、先ず昨日の続きから。

熱海市東銀座通り商店街に関する切実な問題と対策だが、
雑駁ながらここまでの経緯を遡ること60年前の熱海温泉は、

東京オリンピックを商機と捉えホテル旅館を始め
中心市街地も次々と近代化を急ぎ、東銀座通り商店街もまた
市道拡張の行政指導のもと狭くなった土地を活用するため
共同ビル建設という選択肢を選ぶこととなった。ただ、

時は過ぎ熱海市の形態も観光客のニーズに追いつかず、
熱海駅周辺商店街に集中する土産物店との落差は大きく、
次第に空洞化の流れのまま劣化が進んでいた。そこで、

本会議での小生の再質問に係る質疑応答を再現すると、

「再質問1」

ー当該建物の老朽化、耐震構造、収入を見込めない
空き店舗を所有する市民への固定資産税は免除しているのかー

「答 弁」

「建物の老朽化については、家屋の築年に応じ、
経年減点補正率を適用し評価額を算出しています。また、

耐震改修(耐震構造)については、5千㎡以上の建築物で
平成29年3月31日までに国の補助を受けて一連の工事を
行った建物については、固定資産税の減額の対象になります。

なお、収入を見込めない空き店舗の固定資産税ですが、
家屋の評価については、国が定めている
固定資産評価基準により資材費等から評価額を算定しているため、
個別の事情による収益は反映されません」

「再質問2」

ー空き店舗を所有し、納税されている市民の痛みについてー

「答 弁」

「納税義務者の皆様が大変な思いで
市税を納付して頂いていることは重々承知しています。
納付が困難な様々な事情等ございましたら、
分納など早めにご相談いただきたいと考えています」

「再質問3」

ー市税滞納分を不動産での代物弁済した場合の処理についてー

「答 弁」

「代物弁済については、相続税(国税)が例外的に認めているが、
地方税には代物弁済の規定がありませんので、納付については、
現金又は小切手等となります。また、代物弁済ではありませんが、

滞納処分のひとつとして不動産を差押え、公売することはありますが、
これはあくまで滞納処分の一連の流れとなっています」

久保田氏と

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment