熱海湯前神社秋季例大祭&金沢紀行。

今日と明日の2日間、熱海温泉の氏神様、
湯前神社秋季例大祭が開催される。小生は
来客があり午後の神事から祭りに参加する。

年2回初秋に開催されるお祭りについては、
ブログを通して何度も紹介しており今日は
その一部を写真に納めfacebookへアップに留め
2泊3日の金沢出張を振り返りたい。先ず、

小生をお招き頂いた、古川光男氏(マザーズ)の
プロフイールから簡単にご紹介する。古川氏は、

学習研究社の北陸東海地区の訪販責任者を経て、
現在は地元金沢市を拠点に小中高生を対象とした

文科省検定済教科書の準拠教材を29年間販売する
株式会社マザーズの代表者である。古川氏が、

学習研究社から独立したキッカケは、準拠教材の
独占販売権を持つT&TグループのY会長から、
学研での営業能力と実直さを買われ3年に亘って
口説かれたようだ。結果的に現在では教材販売の

新たなクレジット取得が困難で、新規参入は
不可能という謂わば独占的な販売権を持っており、

小生が希望する静岡地区の販売拠点を熱海から
マザーズブランドで雇用促進に役立てたいとの
意欲を汲み取り、販売マニュアル研修について、

前向きに検討して頂いており、浜松以外の、
沼津・三島・熱海を含む伊豆半島全域の
委託販売に協力姿勢を見せている。さて、

その古川氏、一般社団法人JSDAの専務理事で
(日本ストリーデザイン協会)

第一回ストーリーデザイン大賞in熱海では
実行委員を務め選考会や授賞式に貢献、その縁で、

第2回大賞は、来年開通する北陸新幹線に因み、
金沢市を舞台に発信したいとこれまで準備してきた。
ただ、本業の多忙さや諸般の事情が重なり、
開催への正式発表が遅れていたが、

ご当地ソング「熱海・・・愛再び」が

第一興商から配信されたことを機に、これまでの
あらすじ募集からJSDAの目的にある音楽による
まちおこしにシフトするよう提言する。また、

第一興商関係者から要望のあった、ご当地ソングの
楽曲募集とすることで意見が一致し金沢入りする。(つづく)

寿司屋にて

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment