• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 高橋弘会長(万葉倶楽部)小田原駅西口「新幹線ビル」取得!

高橋弘会長(万葉倶楽部)小田原駅西口「新幹線ビル」取得!

昨日は午後6時より、箱根「天成園」にて、高橋弘会長会長の率いる
万葉グループの謝恩会が開催され、会場には関連者約800人が集結し、
グループ新社長に高橋理氏の就任が正式発表された。式典には、
河村たかし名古屋市長、橋本一実静岡県議が来賓として招かれ祝辞を述べた。現在、
北は北海道南は九州まで万葉倶楽部の施設は全国に10ヶ所あり、
グループ全体で3000人をこす大所帯となり、年商は200億円を超し、
不況をバネに増収増益を計上している。また昨夜は


小田原駅西口にある新幹線ビルを取得したことが明らかとなった。所有者は、
万葉倶楽部株式会社に移行し、高橋弘代表取締役会長は昨年12月27日に
横浜地方法務局小田原支局へ売買による所有者変更登記を申請、先日登記が完了した。
今後は再建へ向け居住者との話し合いを予定している。

万葉倶楽部株式会社が今回取得したのは、1975年5月に
小田原駅西口ショッピングセンター「新幹線ビル」として開業した
地下1階、地上3階の商業テナント部分。このビル、東海道新幹線に隣接し、
小田原の玄関口にあるものの、築37年が経過し建物の老朽化が指摘されている。
建物は、現在、地上4階から13階の「小田原駅前分譲共同ビル」として、
89戸の分譲マンションになっているが、耐震上の問題を抱えており、
高橋会長は、居住者の賛同を得られれば、即、建て替えたいと意欲を見せている。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment