ワンちゃんラーメン(泉)元気に復活!

今日は午後2時に、ぴこ山ぴこ蔵氏(あらすじドットコム主催)と2人の
漫画家が来庁する。その後、夕方からは
伊達直斗氏(マルチタレント)誕生パーティがある。伊達氏の会場は
恵比寿のイーストギャラリー。時間は午後8時からと少し遅めの開催だが、
仲間のタレントさんも大勢祝福に駆けつけるようで目の保養となれば幸いである。
幸いと云えば、昨夜は久しぶりでワンちゃんラーメン(泉)にて、
手作り餃子、串カツ、ラーメンとカロリーオーバー目の夕食を摂る。ワンちゃん、
先月は6日間程休養のため休業していた。娘さんから連絡を受けていたが、
今月に入り通常営業に戻ったところで食事をしながら笑い話で活気をつける。さて、
まだ来客が到着しないこともあり、今日のブログは、
熱海の入湯税に関するアンケートの後半を掲載する。ナンダかんだ言いながらも、
結局は、日帰り入湯税が箱根並の50円にならない理由を探ってみたい。


また、ブログの投稿欄には、こんな意見が入っている。
ー150円?50円?で入湯税ですったもんだと見えますが、税が駄目なら、
100円を宿泊代の中に、温泉寄付金!と言う名目では駄目ですかね?ー
(市民より)
熱海市の入湯税は、環境衛生施設の整備や観光施設の整備を含 む
観光振興などに要する費用に充てることを目的として、鉱泉浴場における入湯に対し、
入湯客に課す税金で、市財政運営の貴重な財源となっている。しかし、
昭和25年9月からの課税を皮切りに約60年余りの歴史を経て現在に至 っている。
熱海市の入湯税のうち、特に日帰り温泉入湯客の入湯税については、近年、
観光客の減少傾向などを踏まえ従来のままでよいのか、あるいは見直しが必要なのかなど、
市において今後の入湯税の在り方などについて検討するため、
特別徴収義務者との意見を伺うため、アンケートを実施したのがその理由である。

ー日帰り入浴客受け入れてるホテル・旅館の意見ー
◯マリンスパアタミは半官半民であり、入湯税の対象とすべきです。
◯熱海市の税収の根源は何か?熱海市の住民の収入増や産業の発展、温泉とそれを望む
観光客の飲食、宿泊利用ではないか?他の多くの自治体と違い
熱海市 は、「入湯とそれ以外の行為」についても課税
(例 入場料600円+食事代600円計2,000円のセット利用)している。
(注これには、別々に会計し たら課税免除とされている。)
これは全く同じ行為に対し課税したり、課税しなかったりしていることである。
他の自治体ではこの様な不透明な運用指針はな い。
熱海市の各種産業の発展、活力復活のためにも、このような悪い運用指針は即刻廃止すべき。

ー日帰り入浴客を扱っていないホテル・旅館の意見ー
・入湯税は観光振興のために使用する。一般財源にしない。
その為その内訳を周知徹底すること。
◯アンケートを取るなら年間の入湯税の金額を記すべき。
◯入湯税を一般会計から除くべき。本当に何に使用されたか?詳細が解らない!!
◯熱海市の入湯税はなぜ1人1日150円なのですか?
(確かに標準税率は150円ですが下呂温泉は210円です)
◯温泉に入るためにいただいた入湯税です。一般会計に使われる事のないように、
温泉料金の値上げを少しでも少なくしていただけるようにして欲しいです。
最近の値上げ以降の負担は大きいです。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment