• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海市市道伊豆山神社線通学路民地鑑定評価額と市有地未利用地等価交換候補地提示。

熱海市市道伊豆山神社線通学路民地鑑定評価額と市有地未利用地等価交換候補地提示。

今夜は故大山伊佐男氏の通夜に顔をだす。斎場は医王寺(咲見町)。
故人の生前の人柄を偲ぶように多くの方々がご焼香に訪れていた。さて今日は
終戦記念日。午前中は役所の控室にて財政課長と管財課室長、建設課長を前に
6月定例会で質問した案件について煮詰めていたが、サイレンに合わせて黙祷を捧げた。

打ち合わせの案件だが、 市道伊豆山神社神社線及び東谷2号線にかかる
民地取得に関してである。この市道、学童の通学路としてまた、
生活道路として車の往来も激しく、以前から、周辺住民等から危険な市道として
道路拡張要請を迫られている案件だった。ただ、これまで、複雑な権利関係を前に
道路拡張事業は先送りされてきたのだが、権利関係が一本にまとまり、
当局との間で仕切り直しが行われていた。6月定例会において、

澤田部長はこう答弁している。
ー市道伊豆山神社線にかかる民地取得についてご答弁いたします。
議員ご質問の用地につきましは、一部が
都市計画道路・熱海駅伊豆山神社線の道路拡幅の対象となる用地であり、
必要な土地と考えております。また、土地の購入方法につきましては、
不動産鑑定士の鑑定評価に基づく価格による買収と、
市が所有する未利用地との同等価値による交換が考えられますー

この答弁を受け、所管する建設課と財政課が手続き作業を開始、鑑定結果は
評価額は約◯04万円。市所有未利用地についても3カ所提示されたが、
所有権者との交渉テーブルにつくまでは今少し時間がかかりそうである。

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment