さようなら!宮司さん。熱海をお守り下さい。

故雨宮治興来宮神社宮司の家族葬(密葬)が滞りなく終了した。
昨日の訃報から丸一日、雨宮家の葬儀に参列させて頂いた。だが、正直、
宮司さんが亡くなったことを実感できずにいた。長年、間近で接してきたが、
訃報に接しても悲しみの涙が零れてこないでいた。しかしながら、さすがに、

雨宮盛克氏(禰宜)と雨宮高彦氏(ニコー社長)の父や兄を憶う弔辞を聞くうち、
万感胸に迫るものがあり、涙腺が一気に緩んでしまった。また昨夜は、

通夜の席で、岡本文作氏(岡本設計)が故人と神社の運命的巡り合わせを、
新聞の切り抜きフィルを持参し披露した。岡本氏は、
ー昨年の5月2日神社の大楠が倒れその反動で鳥居が倒壊。
昨日、宮司さんが逝去した日も、5月2日だーと、ファイルを指差すと、

空かさず、雨宮高彦氏が話しをつなげた。ー兄貴の誕生日が11月10日。入
院したのが昨年の11月10日ですー。単なる偶然だとは思えない、と。

そう、言われてみれば、小生にも神社をめぐる不思議体験談はある。
小生の自宅ビルは昭和57年に買収した際の融資は、当時の
伊豆信用金庫熱海市店(現三島信用金庫)から受けた。そして保証人は誰あろう、

雨宮高彦氏だったのである。雨宮氏とは当時、ある人物を応援する
”ワンツースリーコンビ”として知る人ぞ知る兄弟同様の間柄だった。ただ、
知り合いも金銭関係は別である。どこの馬の骨とも分からない35歳の男に、
30数年前何故、5500万円もの借金の連帯保証人となってくれたのか。
雨宮高彦氏がハンを押していなければ、今の小生は存在していないし、
雨宮家や神社と関わりもなかったはずである。
神の導きだったとすれば出来過ぎだが、神社に関連する不思議な現象は多い。

昭和60年1月16日未明に発生した自宅ビルの火災もその一つ。
雨宮高彦氏から呉々も裏鬼門に水回りを持ってくるな。と、忠告を受けていた。が、
好事魔多しである、忠告を忘れて自宅ビルの裏鬼門にトイレを新設。即、結果が出る。
5階客室から出火し九死に一生を得ている。その他、ブログでも紹介してきたが、
自宅ビルの壁面に張ってあった化粧タイルが、普段は往来の激しい歩道に落下したが、
奇跡的に怪我人が一人も出なかったという、不思議な現象も体現してきた。

雨宮家、強いては、来宮神社にまつわる神話を信ずる小生には、岡本氏や
雨宮氏の通夜の席での因縁話はよく理解できた。そんなこんな今後も、
宮司さんの面影を心に刻み、来宮神社総代の役割を担いながら恩返しをしたい。


Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment