• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 山岸伸氏が歴史的被写体として愛着を抱く熱海「起雲閣」。どうなる、指定管理者選定問題。

山岸伸氏が歴史的被写体として愛着を抱く熱海「起雲閣」。どうなる、指定管理者選定問題。

今年も師走まであと半月弱。今朝の議会運営委員会から早くも、
熱海市議会は12月定例会モードに入った。今年は、円高、東日本大震災、
福島原発事故の影響が尾を引き、熱海温泉は出口の見えない不況下にある。ただ、

ホテル100万石や南明ホテルの再開という朗報もあり、何とか
気息奄々状態の基幹産業へのカンフル剤になれば、小生がこれまで唱えてきた、
旧つるやホテル跡地商業施設の有効活用論が再燃し、
投資家誘致も夢ではなくなるのだが。しかし、そうは言っても、

問題は投資対効果である。優遇税制他それに見合う裏付けであり、
行政が新しい熱海の創造に向けた具体的なマスタープランの策定が、
投資家誘致の優遇政策が不可欠となる。そんなこんな、

視察研修で得た知識をアイディアに変え、官民恊働で熱海再生を目指すことを、
今度の12月定例会での小生の質問のテーマとしたい。さて、
今朝の議運で示された当局からの主な案件だが、

一般会計補正予算、熱海市特別職職員の給与に関する一部条例を改正する案や
起雲閣の指定管理者の指定に関して、並びに、温泉条例の一部を改正、つまり、
料金の値上げに関する提出案件が質疑の対象となりそうである。議運の後、

第4回議会制度検討委員会が開催され、伊賀市への視察研修の報告や
議員報酬や政務調査費について、各派代表の考え方をレポートすることや、
全員協議会等の場で内容を公開するか等が話し合われた。午後2時過ぎに

山岸伸氏(写真家)から電話が入った。
昨晩の写真展レセプション出席に対する丁寧な挨拶だった。また、

齊藤市長の出席を喜んで頂き、今後も、熱海市の有効なPRになる企画があれば、
尽力していきたいと抱負を語って頂いた。何れにしても山岸氏、
昨年に続いて12月1日、小生が企画する“異業種交流会”の代表発起人。今年も
山岸事務所預かりの”ミニスカポリス”の皆さんの歌と踊りが会場を彩る予定である。また、

山岸氏は昨晩も、会場に集まった華麗で多彩な人脈を、
率先してご紹介して頂く等、その心づかいに、ただただ、感謝の一言である。
先ずは、ありがとうございました。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment