熱海市の緊急経済対策。花火等誘客宣伝強化に6000万円。

今日午後2時から緊急経済対策会議が開催された。これは、
先週物別れに終わった同、緊急経済対策の再開で、前回噴出した、
各派代表者複数の改善策を吸い上げ練り直したもので、
今日の会議はすんなり、受け入れられ散会した。内容等については、
当局から配布された資料のまま掲載する。




「緊急経済対策について」
東日本大震災に伴う計画停電や
自粛ムードの浸透による観光客の減少は著しく、市内経済は、
計り知れない痛手を受け、現在危機的な状況に陥っている。このことから、
市としては、第一段階の緊急経済対策として、中小企業への
経営安定資金利子補給金74,000千円(6月定例会・補正予算)により、
資金需要の改善を図り、第二段階として、下記の事業を実施し、
間断なく景気対策に取り組むものである。

1.団体旅行誘致に向けた助成制度等の創設
(1)目 的
法人需要の掘起しを目的に、団体旅行誘致に対する助成制度を創設するもの。
(2)内 容   ① 団体旅行誘致助成制度
【 期  間 】  平成23年6月1日~同年11月30日宿泊分(予算終了まで)
【 対  象 】  15人以上のグループが行う市内ホテル・旅館への宿泊旅行
【 助成額 】  1人あたり1,000円の誘致助成金を交付 (100人を上限)
【 交付先 】  旅行エージェント、市内各旅館組合

② 芸妓・コンパニオンの割引キャンペーン
他の観光地との差別化を図り、利用促進につなげることを目的として、
芸妓・コンパニオンの割引キャンペーンを併せて展開

【 期  間 】  平成23年6月1日~同年11月30日宿泊分(予算終了まで)
【 対  象 】  15人以上のグループ(上記、助成制度利用団体に限定しない)
【 内  容 】  芸妓・コンパニオン1人に対して、2,000円のキャッシュバック
キャッシュバック負担内訳 (熱海市 1/2、各旅館等 1/2)
【 交付先 】  市内各旅館組合・コンパニオン協会 (利用ホテル・旅館)
(3)予 算   20,000,000円 (5月臨時会・専決処分)

2.誘客宣伝・イベントの強化
(1)目 的   個人旅行者の誘致を主目的として、
宣伝PR及びイベントの強化を図るもの。
(2)内 容   ① 秋季特別花火大会の開催
【 内  容 】  秋季(10月もしくは11月)での海上花火大会の開催
② 誘客PRの強化
【 内  容 】  誘客宣伝・PRを強化するため、新たなPRキャンペーンを実施。
(3)予 算   10,000,000円 (5月臨時会・専決処分)

3.水道料金改定分のうち2%の補填
(1)目  的    水道料金についは、本年7月徴収分より、
平均改定率4%の料金改定が予定されていたが、そのうち2%部分については、
一般会計より、水道事業会計に補助し、幅広く市民の負担軽減を図ろうとするもの。
(2)内  容   軽減措置期間は、
平成23年7月徴収分より平成24年3月徴収分までとする。なお、
当該軽減措置(2%分)はあくまでも緊急経済対策の一環であり、
議決された4%料金改定率が変更されたものではない。
(3)予  算   30,000,000円 (6月定例会・補正予算)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment