• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海・箱根・湯河原広域行政推進特別協議会設立総会(起雲閣にて)

熱海・箱根・湯河原広域行政推進特別協議会設立総会(起雲閣にて)

今日は、午後2時から起雲閣音楽サロンにおいて平、成23年度の
熱海・箱根・湯河原区域行政推進協議会の設立総会が行われた。先ず、
平成22年度の熱海・箱根広域行政推進協議会の事業報告に続いて、

熱海市議会広域行政推進特別委員会(特別委員会)に所属する小生が、
監査報告を務めさせて頂き、その後続いて上記の、設立総会へと続いた。
役員選出や協議会の事業計画案や議会予算案について協議された。同、
1市2町の広域行政推進協議会設立の趣旨は、




熱海市と箱根町が平成17年2月8日に協議会を発足し、
観光振興を中心に連携を図ってきた、また昨年2月には
「箱根・湯河原・熱海・あしがら観光圏推進協議会」の発足を受け
富士箱根伊豆と云う全国有数の観光地を背景とする
熱海市・箱根町・湯河原町は更に緊密な連携のもとに、観光はもとより
住民の生活に密接した共通の施策についても、
積極的に推進して行く必要があるとの、議会からの提案を受け
既存の熱海・箱根広域行政推進協議会に湯河原町が加わる形で、協議会を組織
広域的に処理すべき事業の推進を図ることとなったのである。
1市2町協議会役員は、金子芳正氏(熱海市)が会長に、西村和男氏(箱根町)と
土屋誠一氏(湯河原町)が副会長に選出された。さて、熱海を始め両町とも

高橋弘会長(万葉倶楽部)は、ホテル4カ所と現像所、
レンタルビデオ店等の事業所を構えており、行政事情にはかなり詳しい。
計画停電以降、1市2町とも、経済の立ち直りに期待のできない状態が続いており、
挙手して対応策を協議したかったのだが、場面と空気を読み、
熱海市議会6月定例会まで持ち送りとした。

多田医院にて、膝のレントゲン撮影とヒアルロン酸を注射する。
膝4カ所と以前ゴルフの最中、捻挫し自然治癒したものの、未だ
若干だが右足首が外側に歪んでいるカ所に放射線量を放射する。結果、
両膝とも骨と骨の間に間隙があり、思ったより老化していなかったようだ。
そうと分かればゲンキンなもので、気分的にも背筋がピンとなるから不思議だ。

今日はこの他、色々な展開があったのだが、コメント欄から、
「通りすがり」さんより、楽しいアイディアが寄せられたのでご案内する。

ー夏、防災火災訓練とイベントをゴッタにして
水運びレースとかサンビーチでやってほしい。
観光客&地元民20人ぐらいを1チームにして数チーム作り、
バケツで海水を運び、子供用ビニールプールを満水にするゲーム。
バケツで水を運ぶのはコツがいるし、
観光客も思わぬところで訓練でき、また
ゲームにすれば商品もあるだろうし。楽しいのでは?ー

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment