• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海「梅園」梅祭り開幕!どうなる、有料化元年の収支決算。

熱海「梅園」梅祭り開幕!どうなる、有料化元年の収支決算。

一昨日から、熱海の梅祭りが始まった。今年から有料となったことで、正直、
どの程度落ち込むのか、あるいは、リニューアルしたことで更なる、
集客アップに繋がるのかに、市民の関心は高い。そこで今日3日目、
年始回りの途中に、梅園に立ち寄り、この目で確かめ、そして、
関係者の皆さんにスタート3日目の感想を聞いてみた。梅祭り、正式には、

第67回熱海梅園「梅祭り」という。前述したように今年から
期間中には、一般観梅客への入園料(300円)、
市民や宿泊者は100円。中学生以下は無料と料金設定された。ただし、
閉館する午後4時からは、無料開放となる。梅園の風通しが変わったのは
篤志家(大塚商会創業者)からの約2億円もの寄付金がキッカケだった。
造園のプロの手による完全リニューアルにより、今年から、
有料元年がスタートした。期間中の2ヶ月間の来園者数が約30万人とカウントされ、
梅園施設内や周辺売店のドル箱も、有料化によって、
売り上げにどのように影響するのかも、関心を集めている。








今朝の地元紙には、初日は恒例の熱海・大島交換会が催され、園内では、
熱海芸妓衆が舞い、熱海囃子笛伶会や熱海出身の歌手・高瀬一郎さん等が開幕に華を添え、
イベントの幕開けに相応しい華やかなセレモニーだったことが伺えた。

小生がウオッチングしていた間は、来園者が途切れず上々の滑り出しのようだ。
長津施設課長以下職員やボランティの皆さんが、嬉々としてガイドを務めており、
官民一糸乱れぬ足並みを揃えて、観梅客を誘導していた。ただ、
時期的にバスツアー客は少なく、クラブツーリズム等が動き出すまで、
今のところ、経済波及効果も多くは望めないようだが、果たして、有料化の結果は如何に?

今日は動画の中に駐車場経営者、警備員、ミカン移動販売業者等からも
3日間の梅園有料化と来園者の動向についてお聞きしているので、順を追って公開したい。

今日はこの他、伊豆山や泉地区へ、飛び飛びながら年始回りをする。途中で、
同尞議員と同じ地域で会う等、否応なく選挙モードに駆られる。夜は、
ラーメンハウスの皿洗いを手伝いながら、合間を見てブログアップする。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment