愛犬2代目ジョンと親睦会メンバー「タケ」ちゃん、逝く。

戌年の小生には愛犬が2匹。お馴染みの「ふ〜」(柴犬)と「ジョン」(コーギー)である。
ふ〜が12歳で、ジョンが13歳。人間で云えばどちらも古稀を過ぎている。自宅にはジョン、
事務所にはふ〜と、どちらも守り犬として精神的支えとなってきたが、今朝6時過ぎに
コーギーのジョンが逝った。ここ一週間で嘔吐や激しい咳き込み等、
容態が急変し掛り付けの動物病院にて入院させたり、手当をする等して、
小康状態を保っていた。来年まで持つ、との、希望的観測も空しく、今朝、
小生のベッドのそばで息を引き取った。覚悟はしていたとはいえ、別れは辛いもの。
10数年前に北京のホテル(王府飯店)のセールスマネージャーから戻り、
ジョンとともに年を重ねた愚息と家族に連絡し、一家全員で送ることができた。
ジョンとのエピソードも数多く、機会をみて綴ってみたい。さよなら、ジョン。



悲しい訃報がもう一件。今夜、月一親睦会「佐口会」の望月武雄さんの通夜が、
熱海駅そばの葬祭場「天国」にて営まれた。望月さんは、タケちゃんの愛称で親しまれ、
親睦会発足以来、つい2ヶ月ほど前まで、良き兄貴分として、また
メンバーの相談役として会を支えてくれていたが、今年に入り、
呼吸器疾患から入退院を繰り返していた。つい先日も、
自宅療養を続けるタケちゃんを見舞っている。その際には、奥方から、
食が細くなっていると、状態について説明されたが、本人に
何が欲しい?、と、手を握ると、柿を食べたいと、望んだので
翌々日に届けたのが最後となった。合掌。さて、今日から、

熱海市議会12月定例会本会議が始まった。本来であれば、先約の、
「来宮神社」奉賛会の伊勢神宮参拝を外せないところだが、
本会議の初日、熱海市職員の給与に関する
条例等の一部を改正する条例の先議があり、参加できなかったが、
愛犬2代目ジョン、望月武雄さんの訃報に直接間接的に関われたことに感謝する。また、

先議は全会一致で採決され、午前11時前に散会となった。12月議会は、
各会派とも斉藤市政2期目に計画策定した、
第四次熱海市総合計画基本構想に関する具現化への
整合性を図る質疑が集中すると予想される。小生としては、観光産業を中心に




賑わいあふれるまちづくり、ゆっくりしたくなる宿泊環境の整備から、
斉藤市政がかかげる、温泉の活用、自然資源の活用について、プランを提言して
総合計画基本構想への本気度を探っていく予定である。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top