大連市(遼寧省)訪問を終えて、川上龍也氏に感謝です。

午後5時10分、成田に到着する。熱海に戻ったのは
午後8時少し過ぎだったが、先ずもって、
川上龍也氏(インターテック社長)と小出裕明氏(デジタルプレス社長)、
また、両社のスタッフの皆さんや、
大連市沙河口区人民政府の皆さんや関係者の皆様にも
心より感謝申し上げなければならない。特に、川上氏にはお世話になった。

大連在留10年間に蓄積は、現地法人の設立だけでなく、人脈や
納税が絶対的条件である運転免許取得など、存在感をアピールした。また、
大連~東港~丹東の遼寧省各都市、往復約700キロの行程を
ワンボックスカーを最後まで一人で運転するタフさには驚かされた。
確か来年は還暦の筈。ただ、仕事の充実感が押し上げるエネルギーが
プンプンと発散しており、脂ギッシュな顔色からも年齢を感じさせなかった。

丹東市では、中国と北朝鮮との国境線事情について、微かではあったが、
軍事的にも切れない絆の深さも肌で感じさせてもらった。その他、

日本への留学生や研修性の派遣事情についてや、日本の
大手出版社と日本人が立ち上げた現地法人との間で、
BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)による書籍の
電子化に伴う受発注を通して見えてくる、
日本の電子書籍化の方向性や、今後、中国(大連)に
ビジネスチャンスを模索している日本企業の動向と合わせて、
尖閣諸島問題でギクシャクしている両国政府を前に、我関せずとばかりに、






大連在住の富裕層をターゲットに、人間ドックをパックに
日本向けツアーを組んで、ガッポリと儲けの仕組みルートを確保している
中国人旅行社の実態や、大連人民政府に繋がる、
”ジョーカー”的存在の女性と、”熱海”をキーワードとした偶然の出会いなど、
川上氏の首を捻させるエピソードに事欠かなかった。また、

中国でのブログアップが不可能だった原因や、今後の
ネット環境の改善策を教えられるなど、目からウロコの指摘も受けた。

今回のレポートについては、折りをみて報告するが、明日は、川上氏が
単身大連に渡って約10年間の紆余曲折や挫折、
思惑とのギャップなどについての苦労話は省いて、これから大連で
起業を考えている方々に参考となるマニュアル的話しをしたい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment