• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海市の朝火事、高齢者の遺体収容で、問われるか、市の防災安全管理体勢!  

熱海市の朝火事、高齢者の遺体収容で、問われるか、市の防災安全管理体勢!  

さて、昨夜は月一親睦会の一つ、「佐口会」が開催された。話題は、
上宿町で起きた火災についてや
市内経済の悪化など、倒産説のある基幹産業について、
具体的な固有名詞も飛び出す等、明るい話題は少なかった。ぞの上宿町の火災だが、
今朝の地元紙(伊豆毎日新聞)に詳しく掲載されていたので、
抜粋してお知らせする。昨日の朝火事は、

2棟全焼したあと、もう一棟の一部を延焼して鎮火した。火元は、
96歳と88歳の高齢者ご夫妻が住む木造2階建てで、この家に住む、
88歳の女性が行方不明となっており、
焼け跡から収容された遺体との関連性や出火原因については、調査中としてあった。

類焼した隣家から焼け出された住人も、88歳と高齢であることから、
熱海市の高齢者に対する、防災管理体制への対応策について議論を呼びそうである。

今日は、ファンケル(化粧品)系のグラビア雑誌、「百楽」12月号で
熱海市のPR記事が15ページにわたってグラビア紹介される、飲食店の一軒を訪問する。
ここは、地物の魚を提供することで有名店となった和食処だが、
日曜日とあってか、店先には午後2時を過ぎても客が列をなしていた。取材班と、

熱海市役所の担当職員が合流し、混雑してる人気店ということで、やらせのない、
生の様子をそのまま、取材を続行するということで、後は任せて事務所に戻る。

事務所から、今月23日で閉店となる、
魚市場前の軽食「ハワイ」(大石哲夫店主)に顔をだす。途中、一昨日、
静岡県議員議員に無投票当選したばかりの、
民主党の橋本一実氏が当選御礼の挨拶に訪れた。また、
今日の動画も、朝火事の恐怖をお伝えするため、昨日動揺、
2日連続してご覧頂くことで、高齢者への防災安全管理について考察して頂ければ幸いである。









さて、県議補選もケリがついた。いよいよ、
来年の統一地方選に向けての準備態勢を整える時期が来た。その前の先ず、
開会中の熱海市議会9月定例会本会議での、小生の登壇時の通告と当局の答弁について
ご案内しながら、熱海がかかえる問題点についてご一考頂ければ幸いである。

「村山憲三」の熱海市議会9月定例会本会議、登壇前置き(2)

私が敬愛する地元在住の企業家は、全国に温浴施設を9カ所展開しており、
業界からは温泉キングとして注目を集め、市内三カ所にホテルを開業しています。

その起業家は熱海の現状について、次のように危機感を募らせています。

—民間企業が不況の中を生き残るには売り上げを増やすか、
人件費のカットをして、残ったお金をどこに投資するかにある。と、生き残るための、
勝者と敗者の分かれ道についての、経営ビジョンを聞かされました。
また、
企業家は同時に、
箱根湯本ホテル「天成園」のオーナーでもありますが、

—ホテル業界は空前の不況に直面している。集客力ナンバーワンの箱根でさえも、
Oトラベルを始め大手旅行代理店は送客手数料を下げてまで、
宿泊料金のダンピングを要求しているー

—新宿から箱根湯本まで往復で四千円。熱海は東京駅から新幹線往復で八千四百円。
この運賃格差により、箱根は栄えてきた。ただ、今回の不況は、
今までの不景気とは桁違いの、深刻な宿泊客離れが続いているーと、
箱根の現状についても危惧しており、
熱海市に対しては、
この不況を乗り切るには入湯税を目的税の原点にのっとり、
その使途を観光振興に特化すべきである。と、提言しています。また、

私の議員活動にも厳しい意見を頂戴しています。

市政のあら探しや追求だけはまちは良くならない。職業議員はいらない。
君自身がどんどん、外に出て熱海をPRし客を呼び込むことだ。
人脈を広げることで、良い知恵も出る。功を焦るな。結果は後から付いてくる。

つまり、人脈は金脈だと教えられました。(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment