• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海「起雲閣」、文化施設と写真家の創作力が織りなす彩。

熱海「起雲閣」、文化施設と写真家の創作力が織りなす彩。

一昨日に続いて今日も上京する。午前中には
庁舎にて9月定例会日程について、各派代表者会議があり、
一人会派の小生も協議に参加した。各派代表とは久しぶりの対面だった。
今朝の地元紙には、
熱海市長選への期日前投票についての出口調査が掲載されており、
現職と新人の各支持議員に選挙戦の手応えについて、ズバリ切り込んだが、
想像に反して双方、控えめな発言終始し、
どちらが優位に選挙戦を運んでいるのか全く知る術はなかった。

その後、中央町の事務所にて近所の弁当屋さんの幕の内弁当を注文、
午後12時58分のこだま号に乗り、東京駅から秋葉原へと向かう。今日は、

山岸伸氏(写真家)撮影の起雲閣作品集に関するツメと、もう一件は、
ジャクタ出版社長の田中竹久氏を訪問することになっていた。田中氏とは、
今月末発売予定の、財界にっぽんに掲載される、
熱海特集に関する打ち合わせだった。秋葉原の山岸事務所から

神田のスタジオまで事務所の蓮見マネージャーが車で案内して頂いた。スタジオでは、
山岸伸氏がプロデュースしてTVやグラビアでブレークしている
ミニスカポリス(http://www.minisukapolice.com/)の新メンバーによる、
歌とダンスのレッスンの真っ最中だった。山岸氏からつい最近まで
婦人警官だったメンバーもいると説明を受け、
バラエティに富んだ新ミニスカポリスのメンバーに、紹介される。
ーよろしくお願いしま〜すーと、業界挨拶され、照れを隠しながら

山岸氏の案内で近くのスターバックスにて打ち合わせする。
取り残したカットの撮影日程等を決めた後、
高橋弘会長へのメッセージをiPone4にて動画撮影をし、その場でアップした後、





JR神田駅から、一旦東京駅に戻り中央線で四谷駅で下車。田中氏の案内で
麹町方面口から新宿通沿いに立つ、麹町シャインビルにあるジャクタ出版を訪問する。
田中社長は角田隆氏(雑誌発売後ご紹介)の紹介で連絡を頂いた。内容は、

熱海をテーマにした歌(熱海城恋歌作詞)をCD化した
角田隆氏が構想する、”観光と文化のまち熱海”を、財界にっぽんを通して、
全国発信するための取材と情報収集に協力する形で訪問した。田中社長と話しが進む中で、
深刻な出版不況と今後の方針についても話しが及んだ。田中氏は、
雑誌編集者として数々の作品を出版してきたようだが、昨今の、

インターネットやスマートフォン(多機能携帯端末)の普及に伴い、
キンドル、iPad、iPone等を中心とした、電子書籍や電子出版化への流れと、
先端事業に取り組む不安感を吐露して頂いた。話しを聞きながら
持参したiPadとiPoneを並べて、電子書籍のサンプルを閲覧して貰い、

ー習うより慣れろーです、と、齢75歳の

高橋弘会長の携帯端末攻略法を説明する。田中社長は顔を綻ばせ、手にすることで、
その利便性の一端がを理解されたようで、次回は、
財界にっぽん掲載記事の校正をかね、より具体的に電子出版に関する資料をお届けしたい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment