• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海市の老健施設開設事業者に、医療法人社団ちとせ会決定!

熱海市の老健施設開設事業者に、医療法人社団ちとせ会決定!

昨日、斉藤市長名でフックスが送られてきた。延び延びになっていた、
平成22年度の熱海市介護老人保健施設開設業者が決定した通知だった。
決定したのは、予てより小生が予想していたとおり、
熱海市泉の医療社団法人ちとせ会だった。この公募には、
五つの医療法人が参加した。検討委員会での審査採点ポイントが添付されていたが、
ちとせ会は2位以下に約30ポイントも上回っていた。一悶着あった、
老健施設の決定により、関係者にとっては
先ずは一安心といったところか。では、応募要項と採点方法についてご紹介しよう。

選定方法は先ず書面審査。そのあと、プレゼンテーション及びヒアリングにより、
以下の手順で決定に至った。(1)審査項目は、各項目10点満点で、
合計120点満点で採点すると審査要項に記されており、検定委員会が設けられ、
・・・・参加医療法人の
・経営の理念・基本方針、事業の経歴・財源の確保及び経営の状況
・用地の確保の状況及び土地利用の確実性
・建物について
・施設運営に適切な人員配置の見込み
・協力病院の体制
②サービス内容等審査項目では、
・応募の動機、施設サービスの提供に当たっての理念・基本方針
・入居者に対する処遇内容の具体性等
・サービスの質の向上のための取り組み
・地域との交流等
・認知症入所者への対応
・独自の取り組み
(2)開設事業者の決定方法までには、
・開設事業者は「熱海市介護老人保健施設開設予定者検討委員会」で審査選考し、
・・・・市長が決定した。(市長の裁量権)
・審査は、書面審査、プレゼンテーション及びヒアリングを行う。
・決定は、すべての応募事業者に通知、また、
応募状況、開設事業者名等については、市のホームページで公開すると
オープンな姿勢を見せてはいるが、問題は、
・・・検討委員会、市長の決定と手続きは踏まえているものの、
小生の耳にはハナっからちとせ会に決まり。だ、という情報が入っていた。
そのことは、担当職員や一部議員にも問題提起してきた。
なぜ、こうした情報が漏れてくるのか。不信感は拭えない。
・・・
市長に裁量権がある限り、非公開形式の検討委員会は無に等しく、できれば、
市民に風通しの良い検討委員会を期待したのは小生だけなのか。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment