テレビ東京、お宅拝見(仮題)熱海ロケの可能性

何なんだ、この寒さは。熱海市内は朝から寒雨にそぼぬれ午後からは
雪がチラつく真冬に逆戻り。夜には嵐となった。
それでも、愛犬ふ〜との散歩は欠かせず、朝と午後の散歩は、
ダウンジャケットに手袋、傘をさしての重装備で
熱海観光港芝生広場周辺を一周する。そんな悪天候の一日だったが、
つい先ほどまで、主治医と愚息、小生を含めた6人が、
市内渚町にあるイタリアンレストラン「門」にて夕食会を開いていた。
話題は、昨日までの訪中記の抜粋と、今年以降、
インバウンドの主流になると予測している、
中国人旅行者と医療
をセットとしたツアーの実現性について、
意見を聞け、明後日の登壇日に通告している、案件質疑に弾みをつける。
門を出たのは午後9時近くとなっていたが、外は相変わらず大荒れで、
青島や濰坊市以上の寒さに震えながら、愚息を伊豆山の自宅まで送った。また、
今回の訪中に話しは戻るのだが、
////// 孫会長(山東新建業集団有限公司)からご招待頂いたのも、
元はと言えば、昨年12月来日の際、高橋弘会長(箱根天成園)や
平石啓三郎氏(関東警備保障)、小池副社長(国際興業富士屋ホテル)等の
手厚い歓迎があればこそで、本来であれば全員がご一緒するべきところだが、
皆さんとのスケジュール調整が叶わず
・・・・・・・・
中国国内金融機関の有力者や香港の企業家、現地
人民政府関係者等との交流や開発新区視察、大規模開発に関する現状を
供に見ることが出来ずに残念である。ただ、今後展開が予測される、
日中の大交流時代を前に、ビジネスチャンスが幾つも埋まっていることを、随時、
藩通訳を通して、山東新建業集団有限公司から流れて来る情報を整理して、
この欄で紹介できるよう、努力して行きたい。そうそう、午後から、
高橋弘会長(箱根天成園)から連絡を受ける。今日はビッグサイトにて、
LEDに関する展示会を持ているが、小生が導入した
丸張株式会社やリードコーポレーションは出店しているのか、という問いかけだった。
・・・

高橋会長と電話を切った後間髪おかず、
新津左平プロデューサー(国際放映株式会社)から連絡が入った。用件は、
テレビ東京・日曜バラエティ番組(5月2日放送予定)の”お宅拝見”(仮題)のロケ先について。
2時間番組で6つの家族を紹介するもので、その中の1〜2軒を熱海から、という
候補先選択の依頼だった。数年前、鶴のいる邸では、西山町に在住していた、
日本画家の藤島博文氏にスポットを当てて頂いたり、その他、
「今、熱海がおもしろい」の番組も製作して頂いており、
小生の若かりし頃(昭和40年代後半)の国際放映時代には、
新津監督として活躍していた人物である。この他、思い出として残るのは
新津作品の「母の鈴」(佐藤オリエ主演)では小生はロケマネとして参加し、
伊豆山のホテル「水葉亭」にて番組制作していたことが記憶に甦る。まだ、
一線のプロデューサーとして活躍しており、連絡して頂いた事に喜びを覚え、夕食時には
”お宅拝見”先の候補先をお願いする。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment