貞方邦介氏(アルカサバ)本社を熱海に移転

台風9号による大雨の影響で、土砂災害による犠牲者が続いている。
気になるのはこの台風の進路である。予報では、
明日には千葉県銚子沖に接近するようだが、伊豆半島への上陸は願い下げである。
そうでなくても、長雨冷夏の異常気象によって、熱海の夏は集客ピンチで、
基幹産業関係者に取っては、厳しい収支決算を迫られるのは必至で、
台風9号が熱海に直撃しないことを祈るばかりである。さて今朝は、
雨が治まった間隙をヌッて、「愛犬ふ〜」と数日ぶりの山の手コースを歩き、
そのまま事務所に入り、帰省時にたまっていた用件を仕分けする。
・・・・・・・・・・・・・・・・
先ず、高橋弘会長(万葉倶楽部)に連絡を入れる。用件は、
株式会社アルカサバ(貞方邦介社長)が本社を熱海に移した事で、依頼されていた、
取引銀行の選択に関してと、万葉倶楽部を含むジャンボーグループが、
小田原ナックビルに本社を移してから一度も表敬訪問していなかったので、
ちょうどいい機会でもあり、13日午後一で、小生も同行する。と、アポを取る。
その際、訪中グループの一人、
塩野靖氏(スカイパートナー)と野原正樹氏(野原蒲団店)とも、
小田原本社で待ち合わせをして、今年12月16日にオープン予定の、
箱根「天成園」で使用する調度品のサンプルをご持参頂いて、
「国際観光専門学校」(関連学校も含め)への留学生入学に続く、
中国維坊市政府の人脈を通した、商談のバックアップをする予定である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、久しぶりで高須基仁氏(モッツ出版)から電話が入り、
今週の日曜日(16日)に熱海に入りたいとのことで、早速、
熱海ホテルサンミ倶楽部に予約を入れる。この他、
塩野靖氏(スカイパートナー)から中国からのビジネス提携を求める、
メールが数本届いているので、参考までに明日にでもご紹介したい。
P1020535
貞方氏と斉藤ホテル支配人

野原正樹氏
高須基仁氏(モッツ出版)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment