週末の自宅ホームシアター、戦場と化す

「愛鳥る~」の寝仕度を整えようと、中央町の事務所に向かう為、
自宅ビル1階の”ラーメンハウス”に下りれば、カウンターでは、
「熱海ソフィア・ディアス」に別荘を構える、松本氏(スクリーン社長)が顔を朱く染めていた。

聞けば、一昨日韓国(ソウル)から帰国したばかりで、
奥方はショッピング、松本氏はホテル内のカジノで、熱海にはない遊びで、
羽根を伸ばしてきたと自慢げに振り返る。

カジノには入りびたりで、時間にして12時間。遊びはルーレットだけだったが、
アルコール愛好家、左党を自負する松本社長にしてみれば、
日本語を話せるディラーとは親しくなり、避けプラス食事付で、トータル6万円の負けだったが、
時間に換算しても、一時間約5000円となり、
”韓国”ならではの醍醐味を満喫してきたと、目を細めた。

確かに、小生も大の韓国贔屓だが、サブプライム問題や新型インフルエンザ、
北朝鮮各問題等、ビミョウ~な問題を抱えながらも、韓国には活気が漲っており、
日本からの観光客も引きも切らない人気で、”目玉なき”熱海温泉の、
衰退凋落を目の当たりにして、カジノを含めた公営ギャンブル誘致が活性化に繫がるなら、
為政者を始とした有識者を交えての、再検討を促したいような、土産話だった。

ブログに載った自分たちを不思議そうにマウスで追いかける
ブログに載った自分たちを不思議そうにマウスで追いかける
熱海ソフィア(咲見町)にリゾートマンション所有
熱海ソフィア(咲見町)にリゾートマンション所有

 また、松本社長からは、今年の夏のイベント開催について質問された。
これに関連して、偶然にも今朝、山の手の散歩を済ませ、
愛犬を原付のバスケットに入れ、月一親睦会のメンバーが経営するスタンド(栗本石油)で給油した際、
山田社長からも、―今年の夏は、伊東市でビッグアーチストのコンサートが開催されるようだがーと、
具体的な出演者の名前を挙げて説明された。確かに、過去2年間、

イベントによる“熱海再生”をテーマに、コンサートやイベントその他、
市内の各団体有志等と協力してきたが、実行委員会がNPO法人として認可されて以降、催し物とは、
疎遠となっているため、その内容の信憑性を問われても知る立場になく、
残念ながら話は噛み合わずに終わっており、松本氏にも同じ答えで納得してもらう。

ただ、この2つの話に関連して、昨年9月の定例会では、
当時の「熱海観光協会」が夏の来客数をトータルで新聞発表した際、
コンサート入場者数をカウントせず黙視したことを端緒として、
来年以降の”熱海開催”は望み薄との見解を述べており、その通りに展開しているのかもしれない。

そうそう、もう一つ関連付ければ、先日の旧「熱海観光協会」解散式では、冒頭、
協会トップの挨拶では、―昨年は言われなき中傷に見舞われー、との、
過去を引きずるような自己弁護が耳に残ったが、小さな問題を受け流す度量で、
“熱海再生”への舵取りに集中して頂ければ幸いである。

さて、今日は、函南町にあるユニクロで買い物をし、
帰る途中で、西熱海分譲地内に車を停めて「愛犬ふ~」との散歩の後、

西熱海別荘地遊歩道路肩にて

西熱海別荘地遊歩道路肩にて

自宅に戻り、WOWOとスターチャンネルでホームシアターを楽しんだ。途中、
愚息家族の襲来を受け”自宅シアター”は戦場と化したが、
久しぶりに振れた一家団欒の温もりに、爺さん化するのも癒の一環である。

午後10時過ぎにはブログアップできていたが、
新規サーバーにトラブルが生じ、日を跨いで再公開する。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment