ジョイント「会社更生法申請」と熱海のチャンス

濰坊市「東方大酒店」玄関にて
濰坊市「東方大酒店」玄関にて

ジョイント・コーポレーションが会社更生法を申請したことは、
濰坊市訪問の2日目の先月29日午後8時23分、

高橋弘会長)(万葉倶楽部)から、負債額1680億円で
会社更生法を申請したとメールで知らされていた。

この更生劇、サブプライム問題から集めたファンドを、
外国投資家が引き揚げたピンチを救ったのが、”O”社だった。報道等によれば、

100億円の緊急融資を見返りに
経営のイニシァチブを握った、と予測された際には、
熱海市の将来に薄日が差す思いだった。

”O社”主導での熱海再生を幽かに期待したのも束の間、今年に入り、

”かんぽの宿”の”O社”への一括売却をめぐり、

担当大臣から待ったがかかった時点で、郵政民営化問題を背景とした、
現政府の小泉色一掃策が見え隠れしており、
当然、O社としては、火の粉が及ぶ前にジョイント社を含む、
焦げ付き融資回収を急ぐのは自明の理。

新築マンションの売り上げが落ち込む熱海の現状から、
ひょっとするヤバイことにならなければ。と、危惧してはいたが、

まっ、理由はどうあれ、ジョイント・コーポレーションの
これまでのマンション分譲事業による、工事関係者等の
飲食等を含めた経済波及効果は大きく、熱海市にとっても残念な結果となった。

ただ、人様の不幸に乗ずるようだが、
視点を変えれば「熱海市」にとってはチャンスの芽も出てきた。

今後の見通しは不透明のままだが、新聞報道によれば、
引き渡しを受けていない物件については、

保全管理人と建設業者に処分決済の権限が移行するようで、
知恵を絞れば、”新庁舎”移設をキーワードに、活性化への道も開けてっこようというもの。

さて、ピンチといえば、
我々訪中組にも、昨日帰国寸前に、突然襲ってきた。

青島市内から空港に向かうさ中、ガス欠が原因でエンストし、

ガス欠で高速道路で立ち往生

それも、高速道路(チンタオ~銀川間)の追い越し線上で立ち往生してしまった。

近所にスタンドの影も見えず、その上、
出国時間も迫っており、一行、内心穏やかではないのか声も出なかった。

このピンチを救ったのは、ガイドの「藩建寧」」氏だった。

高速道路上でのハプニング給油
高速道路上でのハプニング給油
三浦氏と塩野氏のお二人
三浦氏と塩野氏のお二人
今回の訪中、最大の功労者のお二人
今回の訪中、最大の功労者のお二人
青島空港まで運転して頂いた、藩建寧氏の友人
青島空港まで運転して頂いた、藩建寧氏の友人

クールに慌てず、臨機応変に、
青島市内に住む実兄の「藩建斌」氏(クロス輸出業)を呼び出し、

結果的には、20分足らずでピンチを脱したのだが、このハプニング、
小生だけが信ずる”強運”の裏返しだとしたら、考えすぎか。

その”強運”について、濰坊市でも感じていた。前回大変お世話になっている、

黄敬文「濰坊新宣佳置業有限公司」社長 、「東方大酒店」玄関でバッタリ会ったのである。

今回、王有声日本語学校校長からは、商用でドイツ滞在中だと聞かされていたものの、
日本から、熱海のPRDVD等を持参し届けてもらう予定だったが、

この偶然の出会で、言葉や心の距離もグッと縮まったような、そんな情熱が伝わるような、
”熱く”固い握手を持って再会を喜んで頂いた。

濰坊市「東方大酒店」玄関にて
濰坊市「東方大酒店」玄関にて
不思議な縁を感じた瞬間
不思議な縁を感じた瞬間

今日から、小生のブログ画面に”中国”を含めた、5ヶ国語の翻訳機能を添付したことで、
お世話になった”濰坊人民政府”の皆様を始め、荷澤人民政府の方々を始め、
王有声日本語学校長、超合展動画社長、各大学関係者や

黄敬文社長や企業関係者の皆さんとの、

日中(中日)合弁事業計画促進に向けて、加速することができれば幸いである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment