明日からの本会議に備えて

今日の天気予報、
午前中の降水確率ゼロ%を頼りに、
今朝も「愛犬ふ~」に引っ張られるように、
山の手コースを歩いたものの、
パサニアマンション辺りから小雨がぱらつき始める。
帽子を用意していなかったので、
ふ~のウンチ掴み用の、
ビニール袋を頭から被るなどして約1時間15分、
愛犬と小生の、
ストレス解消コースを完歩する。
明日から本会議2日目。
各会派議員が登壇して論戦を戦わす。
明後日、午後4時20分に、
最終登壇の時間が割り振られていたが、
予定されていた、別の会派議員が、
何らかの事情で登壇辞退したため、
午後2時30分に繰り上がった。
辞退した時間枠だが、
喉から手が出るほど欲しかったが、
一人会派に与えられた制限時間は40分と決められている。
未曾有の景気悪化が叫ばれる中、
観光を基幹産業とする熱海市では、
これまでも、
長引く不況によって、財政危機宣言を発令するなど、
地盤沈下による収納悪化と巨額滞納額が表面化、
”財政再建団体”入りを、
不安視されてきた経緯がある。
財政再建には
役所の改革と観光振興策が不可欠であり、
年4回しかない定例会での、
登壇割り当て時間や一問一答への質問形式変更等の、
議会条例の見直しを迫りたいところだが、一人会派の壁は厚い。
その条例に関してだが、
12月定例会では2件の発議案が提出された。
s-DSC0028900.jpg
(1)「熱海市議会議員の期末手当の特例に関する条例」と、
(2)「緊急経済対策を求める決議について」である。
(1)については、議員報酬を来年4月から平成23年までの間、
一律8%削減しようとするもので、
民主党市民クラブが提出し、
一律5%を主張してきた爽心会も追随し、
この発議案に連名でサイン捺印している。
小生も、
議員歳費の削減には賛成する議員の一人だが、
職員給与の8%削減に迎合する形で、
一部市民に阿る駆け込み的な戦略が透けて見え、
今回は賛成できず、
10年先を見据えた「議員報酬」と附帯項目を精査して、
来年3月議会で決めて欲しいと、
発議案を提出した同僚議員の一人、
橋本議員にはお断りを入れている。
この件に関しては、
明日以降連載する「登壇」前口上に網羅しているので
参考にして頂ければ幸いである。
もう一つの、緊急対策に関する発議案も、
1,000万円程度の消費活性”クーポン券”発行では、
経済振興策には程遠い、
焼け石に水だろうと反論を唱えたいところだが、
熱海商店街連盟からの強い要望とあっては、賛成せざるを得まい。
この後午後7時からは、
月一親睦会の一つ「元気会」が、
市内浜町の焼き肉屋さんで開催される。
景気の悪化の影響が、
一等地に位置する飲食店街に押し寄せているのか、
明日からの論戦を前に、
リサーチを兼ねて出席することにした。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment