中国ビジネス新規立ち上げの可能性に同行して

昨夜の宿泊先は、
青島市香港西路にある、
「海天大酒店」(Hai Tian Hotel)だった。
現地時間13時45分青島空港発、
成田空港行きに搭乗するには、逆算すれば、
このホテルを、
午前11時に出発すれば十分に間に合う。
それまで、一同は、
今回一度もできなかった市内観光に。という声もあったが、
ホテルから30分ほど離れたところにある、
スーパー家来福(ジャラブー)だけに絞って、
土産品等を物色することで意見がまとまった。
成田空港には、
午後5時35分到着予定なので、
自宅には、なんだかんだで午後9時過ぎになりそうなので、
ブログアップを急ぐことに。
今回お誘いを受けた、
中国山東省青島3泊4日の視察旅行は、
実りは多かったが、その分、
ワンボックスカーでの移動が大半で、
初日は青島空港からウィファン市まで、
2日目はウィファン市~日照市~青島~ウィファン市
3日目がウィファン市~青島と、
連日、移動に次ぐ移動で、
ワンボックスカーの中は、
暖房とたばこの煙の時間差攻撃で時折、
息苦しさは感じるなど、
体力的にはハードな行程を強いられたものの、
疲れは全く残っていないのは、達成感によるものが大きい。
さすぼし蒲鉾と青島東港食品との商談を、
大掴みで説明すれば、
先ず「さば」に関する取引で、
FOBやLCについての細部は話せないが、
日本で獲れたサバを青島東港食品に、
加工品として送り、
センターカットやフィレ(それぞれ骨付きも含め)にして、
横浜港大黒ふ頭渡しにした価格の取り決めだった。
s-DSC001702.jpg
s-DSC002281.jpg
魚のグラム数の種類、
中骨付きや腹骨付き等カット方法など、
初めて耳にする専門用が次々と飛び出し、
フラフラになりながら話について行ったが、
ここでの人脈と
さすぼし蒲鉾のシステム作りを参考とすれば、
別の食材を日本に輸入するためには大きな意味をもち、
PCシステム作りの参加を求められている
小生や松本哲治氏にとっては、
食品業界へ情報を発信できる願ってもない視察となった。
s-DSC002330.jpg
/////////// 憲三の12月定例会 通告書 ///////////////
6、議案第78号に関連して、
上宿裏通り支線が未だ市道認定されていない理由と
今後の対応策を明確に。
7、議案第75号76号、
指定管理者の認定に関連して、
今後、野球場、マリンホール、テニスコート等の
公営スポーツ施設を一元化して、
熱海市体育協会を指定管理者として委託することの是
非と可能性について説明して。
8、熱海市は財政赤字解消を図り市有地売却を急いでいるが、
和田浜南町「八幡山市営住宅」及び併存店舗の
明け渡し経過と当該物件の後利用は決まっているのか。
9、熱海市内の金融機関の
貸し剥し、貸し渋りが顕著となり、
市税滞納整理と差し押さえのWパンチが
宿泊施設等の休廃業を加速させないか。また、
動産、不動産等の差し押さえ物件のネットオークションは実施しているか。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment