「遊画会」熱海教室日本画展閉幕

昨日の委員会(観光福祉委員会)での内容は、
12月定例会に提出予定の
通告書内容に従って報告する予定だが、
        
 (昨日開催された熱海市議会観光福祉委員会)
s-200811270.jpg
まず、昨日に引き続き、
記載できないでいた案件の一部をご案内したい。
愚妻が趣味として習う日本画教室がある。
大場茂之氏を講師に招き
熱海市内在住の主婦を中心にした、
「遊画会」熱海教室がそれで、
金子芳正市議のご母堂で
今年93歳の金子敏子さんを筆頭に、
                (金子敏子さんの作品)
s-DSC09819.jpg
s-DSC09821.jpg
10人の生徒さんが大場講師と二人三脚、
腕を磨いている。
その「遊画会」が年に一度開催するのが、
「遊画会」熱海教室日本画展だ。
今年も去る21日から25日までの5日間、
生徒さんの一人、
中島麗子さん(中島水産会長)が経営する、
熱海市清水町の”季魚喜人”(きときと)にて、
中島講師のほか、
10人の出展者を集めて開催された。
s-DSC09822.jpg
               
                  (愚妻と作品)
s-DSC09816.jpg
主な出品者は、
金子さんと愚妻のほかに、
佐古幸江、仲田洋子、中島麗子、
中山千鶴子、斉藤春代、桜田玲子、中島志げ子、神山征二の各氏。
今年も大勢のギャラリーを集め、
好評の内に幕を閉じ、
生徒さん相互の親睦もいっそう深まり、
長引く不況に、世界的景気後退が重なる、
乾ききった観光地熱海に、ひと時でも、
再生を願う市民の、
ささやかではあるが、いずれの作品にも、
希望を失わない
力強いメッセージが込められていた。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment