熱海「敬老大会」に大物政治家”ズラリ”!

今朝は、
熱海後楽園ホテルで開催される、
「熱海市敬老大会」へ出席する。
小生が所属する、
常任委員会所管の式典だが、
緊縮財政のあおりを受け、
まだ確定したわけではないが、
来年からは、
これまでのような、
大規模な”敬老式典”は、
廃止の方向で調整が進んでおり、
今後、
”可否”をめぐり、
当局と推進派議員との間で、
綱引きが予想される。
さて、
大会を前にして、
舞台袖に用意された、
待合室には、
斉藤市長を始め、
田島県議や
同僚議員が集ったところで、
気分をほぐす”ノリ”で、
デジカメを取り出し、
タマタマ、
申し合わせたように、
黄色のネクタイで参上したのが、
市長と田島県議に佐藤市議。
この、
”イエロートリオ”を記念に、
撮影を依頼したのが、
佐藤議員と同会派の
藤曲市議。
使い慣れない
デジカメだったのか、
小生が無理強いした為かは定かでないが、
やや”ピンボケ”気味だったのだが、
サイズダウンして
アップするとかなり鮮明に写っていた。
s-CIMG6693.jpg s-CIMG6695.jpg
s-CIMG6696.jpg
静岡選出の
倉田、渡辺、牧野の、
衆参の議員がズラリ顔を揃え、
各人の挨拶のあと、
敬老大会の式典が始まった。
s-CIMG6705.jpg
各来賓の挨拶のあと、
長寿者の名前が、
司会の「長坂輝子」さんから、
読み上げられた。
熱海の最高齢者は、
男性が上多賀在住の、
”103歳”澤田金蔵さん(明治36年10月1日生)
女性が西熱海町在住の
”104歳”平方きくさん(明治35年12月16日生)
さらに、
100歳以上の高齢者は、
女性8人に、
男性4人の計12人となった。
s-CIMG6690.jpg
s-CIMG6691.jpg
s-CIMG6692.jpg
市長の挨拶に続き、
米山議長は、
ー自分の家族にも今年99歳のお祖母さんがいる。
今は施設に入っているが、
何時までも元気でいてくれることで、
家族の絆がより一層太くなる。
是非皆様方にも、
希望を持って長生きして欲しいーと、
高齢者を抱える目線で、
挨拶で締めくくった。
このほか、
来賓として出席した、
各代議士の
軽妙な祝辞に場内が和んだあと、
最後に登壇した、
田島県議は、
熱海市の高齢化率についてや、
”生活保護扶養者”が、
伊東市を抜いて、
県下一になったことに触れ、
基幹産業を支えてきたのは、
経営者ではなく、
全国から集まってきていただいた、
従業員の方々であり、
そうした皆さんは、
色々なご苦労を背負っている。
その帰結として、
生活保護という形になったとしても、
我々は、
救済の手を緩めるわけには行かない。と説明、
だからこそ、
今後も、
「敬老会」を継続していくことで、
高齢者への労いとなり、
活力に結びつく。と、結んだ。
来賓の挨拶に引き続いて、
「稲村兼男」さんの謝辞を受け、
s-CIMG6701.jpg
s-CIMG6706.jpg
恒例の「敬老大会」は、
お楽しみの、
”演芸プログラム”へと進行した。
因みに、
満70歳以上の招待者は、
”10,763名”(8月1日現在)
このあと、
午後からは、
”モバイル通販”打ち合わせのため、
「恵比寿」に向う予定となっている。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment