’07「熱海市総合防災訓練」

9月2日、
午前9時頃、
熱海市に”震度6強”の
地震が襲い、
市内各所で山崩れや、家屋の倒壊、
道路の陥没や、
一部の地区では火災が発生し、
多数の負傷者が出ている模様である。
電気・ガス・水道及び
通信施設にも大きな被害が発生し、
交通機関は、
マヒ状態に陥った。
これを受け、
熱海市では、
地震発生後約一分で、
災害対策本部を設置、
各地域への災害情報を収集し、
地震災害応急対策活動を開始するRとともに、
”自衛隊”への、
災害派遣要請をした。
s-CIMG6672.jpg
s-CIMG6665.jpg
s-CIMG6596.jpg s-CIMG6597.jpg
s-CIMG6606.jpg s-CIMG6607.jpg
s-CIMG6608.jpg s-CIMG6612.jpg
s-CIMG6619.jpg
s-CIMG6620.jpg
s-CIMG6623.jpg
s-CIMG6627.jpg
s-CIMG6631.jpg
s-CIMG6633.jpg
s-CIMG6637.jpg
s-CIMG6643.jpg
s-CIMG6651.jpg
s-CIMG6656.jpg
s-CIMG6657.jpg
s-CIMG6660.jpg
s-CIMG6667.jpg
s-CIMG6669.jpg
s-CIMG6602.jpg
s-CIMG6618.jpg
こうした”突発地震”を想定して、
今朝”午前9時”から、
熱海観光港芝生広場において、
国・県・市・防災関係機関・
自主防災会が有機的な連携を図り、
地震発生から、
災害応急復活までの、
一連の対応が機能するように、
実践的な、
自身防災訓練を実施、
41団体、
2,000人以上が参加した。
小生は、
今朝は「愛犬ふ~」との散歩を、
午後に回して、
午前8時30分には、
現場に到着していた。
市の幹部職員等と、
9月議会で
質疑する予定案件に絡めて、
笑いを込めた、
”ジャブ”を挨拶代わりに、
開会式を待った。
昨年9月には、
市長選を前に、
前市長が指揮を執り、
現場の市職員全員が、
緊張感でピリピリしていたように感じたが、
今年は、
和気藹々としたムードの元、
淡々と訓練の推移を見守っていた。
そうした中、
小生を含む関係者が、
自衛隊や防災会による、
避難訓練、救助活動に、
眼を奪われている間に、
ただ一人、
「静岡県土木事務所」所長だけが、
立ち入り禁止の防波堤内の、
釣り人を目ざとく見つけ、
脱兎の如く駆け寄り、
ー事故が起きたらどうしますかーと、
激しく詰め寄る場面も。
近くにいた小生、
”コロンブスの卵”を思い知らされ、
つい”釣られ”て、
ー危ないですよーの、
”非難勧告”を。
s-CIMG6615.jpg
午前11時、
この日予定されていた、
「防災訓練」の
全ての実施要綱を終了して
無事に解散した。
また、
熱海湾に停泊し、
訓練に参加した、
”自衛艦”は、
乗員40名を配す、
「すおう」(980トン)であると知らされた。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment