藤森稲荷神社”春季大祭”

今日午前11時より、
熱海市咲見町、野中山にある、
s-CIMG4098.jpg
藤森稲荷神社の、
春季例大祭が
同神社社殿で斎行された。
s-CIMG4079.jpg
神事には、
祭典委員長の「加藤則夫」市議、
「岡 武秀」市議等を始め、
s-CIMG4102.jpg
氏子総代として、
川口和義、渡辺保夫、伴博之氏に加え、
藤中靴店婦人、
貞方邦介氏直営の、
リラックスホテル斎藤氏支配人等が参加した。
今年から、
杉崎前東銀座町内会長が
氏子総代に加わり、
文化勲章受章芸術家で、
熱海市名誉市民、
高村光雲の高弟山本瑞雲に師事し、
93歳で没するまで、
木彫作品をはじめ、絵画、陶芸、版画、書などを創作した、
「澤田政廣」
山本瑞雲に師事した、
19歳頃の作品といわれている、
”狐の御面”(檜木彫)が、
今年も”開扉”された際に、
氏子総代の前に披露され、
雨宮宮司さんから、
       (容器に入った狐面を抱く杉崎さん)
  
s-CIMG4090.jpg
昭和40年、
それを収める容器奉納したのが、
上記”杉崎”氏の実父で楠細工職人だった、
故「杉崎光」さんであり、
この”狐面”は国宝級の価値がある。
今後”熱海市”の再生のシンボルとして、
役立て頂ければ幸いであるといい、
       (リラックスリゾートホテル斉藤支配人)
s-CIMG4096.jpg s-CIMG4095.jpg
藤森神社の由来についても、
昨年同様に、
ー稲森神社は
衣食住の祖神を祀り、
商売繁盛、延命長寿、厄除けの神様として、
熱海市民に崇敬されてきた。
江戸の始め、徳川家康は、
3代将軍「家光」の温泉療養に際し、
来宮神社の南方に館(現市文化会館)を構え、
その表鬼門に当たる東北の方角に、
稲森神社を建立し守り神としたーと結んだ。
この後、
参集殿において、
”焼きアゲ”をメインの直会が行われた。
その際”宮司さん”から、
マリンスパ熱海の、
www.marinespa.com/
指定管理者に、
”シダックス”が選定されたと聞かされ、
早速当局に、
その過程や条件に至る詳細の、
資料提供を求めさせて頂いた。
累積赤字が膨大で、
小生が議場で何度も”民間委託”を提言してきたのだが、
「指定管理者制度」の元、
少なくても小生の知らぬ所で、
特定民間業者がどのような条件をクリアしたのか。
今後”赤字補填”が避けられるのか、など等、
前市政の影が色濃く残る事業に対する、
認識不足を反省させられた一日となった。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment