家の”マッサージ椅子”に発火の危険性が!

「村山はこれまで”内助の功”があっての当選だ!」
世間の風評は一致しており、
小生自身も大いに自覚している。
過去2期8年、
派閥に囚われず、
公共事業にも全く縛られずに、
市民の市政に対する不満を
一貫して議会にぶつけてきた小生だが、
熱海市に地縁・血縁の薄いこともあり、
選挙ともなれば、
無党派層を頼りに活動する以外、
活路は見出せないのである。
こうした背景から、
”愚妻”は昨年の暮れあたりから、
後援会名簿を頼りに、
後援会のしおりを配るなど、
雨の日も風の日も、
連日活動を続けている。
小生には、
何ものにもかえがたい、
”百万力”に値する存在である。
小生も議員としての使命を
背負いながらも、
改選に向けての準備は整えている。
その愚妻、
後援会活動を終えて、
必ず収まる先が自宅居間に設置してある、
ナショナル製の”マッサージ椅子”である。
s-200720010.jpg
ー4年前と違うのは、
疲れやすくなったことかしらーと、
愚妻がため息交じりで、
転寝を始めるとき、”
ありがたさと感謝の念がこみ上げてくる。
この”マッサージ椅子”が、
愚妻の後援会活動を通して鬱積する、
ストレスの”コリ”と不満を吸収してくれる。
今朝の「東京新聞」に、
ーマッサージいす 発火事故2件
 松下、無償点検へーの見出しが載った。
31日「松下電工」はマッサージ椅子で、
2件の発火事故が発生した。と発表した。
このため対象の6機種、
計約6万8千台を無償で点検・修理する。
けが人は出ていない。
宮城県と神奈川県で
マッサージいすの一部が焼けた。
調査の結果、
モーター電源線の断線が原因と判明した。
何と、
そのマッサージ椅子の対象品番に、
”愚妻”愛用のマッサージ椅子が該当していたのである。
s-200720011.jpg
幸い、
フリーダイヤルでナショナルに電話を入れ、
事情を話すと、
テキパキと対応していただいた。
点検・処置には数日かかりそうだが、
”愚妻”には、
電源をOFFしている間、
後援会活動を暫し休止して、
エネルギーを温存してと”頭を下げる”。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment