熱海市議会「全員協議会」

連日、財政破綻した「夕張市」の、
市民に与える悪影響を、
マスメディアが取りあげている。
自治体も倒産するメカニズムを、
実にわかりやすく、
解説してくれるので、
我々議員にとっても、
反面教師的な警鐘作用が大きい。
熱海にとっても、
”夕張現象”は人ごとではなく、
観光施策を起債頼みの、
”ひも付き”ハコモノ公共事業の、
行く末を暗示させる、
明快な答えとなっている。
こういった全国自治体に広がる、
財政危機の問題に先取りするように、
熱海市議会でも、
今日(5日)午前9時から、
市役所5階会議室において、
”全員協議会”が開催された。
議題は、庁舎問題等について、だったが、
どうやら本題は、
熱海市の、
財政危機を、
満天下に知らしめる目的があったようだ。
この問題については、
小生がこのブログで何度も取り上げているが、
市長名で、
”熱海市財政危機宣言”をしたことで、
全国に発信された場合の、
観光地としての、
熱海の印象への悪影響が懸念される。
この「全員協議会」は、
市長の公務で、
僅か2時間と制限され、
議員全員に、
フラストレーションを残す形となった。
s-200612050.jpg
s-200612051.jpg
小生も発言の機会を与えられ、
財政危機宣言は、
下水道会計への一般会計からの繰り出し金を含め、
総務省や静岡県から、
”財政再建プラン”策定を迫られているからかと、
宣言の背景について質し、
新庁舎建設に、
基本的に賛成の意を表した
齊藤市長に対しては、
ー市民に厳しい状況と
痛みを伴うことを認識していただくーと、
財政危機宣言したことも含め、
南熱海を含む各支所の職員数と、
耐震問題を把握しているかや、
市民の痛みより、
職員の削減や、
議員の削減を前面に出しての、
抜本的な、
行財政改革でなければ、
意味が無いのではと、
釘を刺すに留め、
本会議では、通告書に、
なぜ
財政危機に至ったのかを、
各質疑案件事項随所に滲ませ、
原因を
浮き彫りにさせた上で、
改善策を見出せす努力をさせて頂く所存である。
通告書の内容については、
明日以降に掲載させていただきます。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment