黒ニンニク「中国河南省」で大規模製造(1)

今日は午後5時から、
旧友の”S”さんが東京から訪ねてきた。
元警視庁赤坂署刑事の”S”氏、
現在プロ格闘技団体や、
一級建築士事務所「T鋼材株式会社」の、
顧問として活躍している。
その”S”氏、
顧問会社の「T鋼材」が、
熱海市清水町の旧ホテル”A館”、
解体工事に伴う近隣住民への
(解体工事)説明会に出席する前に、
食事でもということになり、
浜町の三松寿司で待ち合わせる。
「T鋼材」のT社長と名刺交換を済ませ、
共通の知人が多いこともあって、
打ち解けるのに、
さしたる時間は掛からなかった。
「A」館の跡地には、
マンション建設が決定しており、
東京の「Y]建設が施工するということである。
なるべく地元業者を
優先していただくように依頼をして、
「三松寿司」から、
「A」館近くの駐車場まで送り届ける。
この後、
午後6時58分には、
熱海駅に、
小生が推奨する、
「醗酵黒ニンニク」(ブラックガーリック)工場を、
中国河南省と共同で建設中の、
「細木賢司」氏と
「駱黎華」さんが到着した。
お二人は、
松阪市の「ニンニク普及協会」、
青木氏が
中国河南省で大規模製造工場建設に関する、
技術提供しており、
その”販売窓口”としての役割を担うということで、
s-CIMG2514.jpg
小生の事務所(中央町)で、
第一回目の、
今後の展開の打ち合わせを行う。
その詳細部分については、
後日徐々に報告するとして、
s-CIMG2143.jpg
昨日の続きを急ぎたい。
さて、
”クイズミリオネラ”といえば、
「みのもんた」さん司会の高視聴率番組。
そこの製作会社のスタッフが、
小生のブログ掲載の写真の中から、
”とあるタレント”さんの、
15年昔の姿を発見、
是非、
その写真をお借りしたいという話だった。
へぇ~、何か役に立つことがあるものだと、
感心しつつ、
ーその方は熱海市との関わりに否定的ではーと、
番組製作担当者に、
マネージャーにお聞きして、
OKが出たらお貸ししてもいいと返事をする。
例え収録で使っても、
番組ではカットされることが
常識の世界だが、
ブログに掲載したのは、
15年も昔のセピアに色褪せした、
思い出の一こまだが、
何かのきっかけで、
世に出るとするならば、
ストックしておいた記録により、
市民の”記憶”に灯を点すことにもなり、
製作スタッフ”O”さんの話を斟酌すると、
敢えて”とあるタレント”さんの名を
伏せなくてはならないもどかしさは、
放映される来年1月まで続くのも、
楽しみの裏返しとなる。
明日は二つの委員会が待つ。
観光福祉委員会と広域行政推進特別委員会。
そのあと、
貞方邦介氏(アルカサバ社長)が、
熱海リラックスリゾートホテル別館として、
建築中の、
”ビラ”完成内覧会も、
午後3時から控えており、
明日も慌しい一日となりそうである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment