大台突入記念日

小生、
今日で満60才となった。
一昔前なら、
赤いチャンチャンコを羽織り、
”孫”を膝に抱き、
還暦祝い、と、行きたいところだが、
どうも”ピン”とこない。
先月初旬には、
高校時代の同期会が、
札幌市郊外の、
定山渓温泉で開催され、
90人以上の仲間が一同に会し、
”還暦を祝った”ばかりだが、
参加者全員に、
”爺さま&婆さま”症候群が窺えず、
夫々がファッショナブルで、
生活臭を感じさせない、
エネルギーを発散させていたことや、
小生自身の野暮用の多さが幸してか、
感傷に浸る暇も余裕もないというのが、
正直な気持ちである。
とは言え今晩は、
家族揃ってのささやかではあったが、
心のこもった、
”還暦の祝い”が用意されていた。
s-CIMG1884.jpg
s-CIMG1885.jpg s-CIMG1886.jpg
魚は”湊鮮魚”から刺身スペシャルが届き、
煮物は手作りで、
未だ断酒続行中のため、
手巻き寿司に日本茶という、
健康食一辺倒の誕生パーティとなった。
s-CIMG1890.jpg
川岸氏(ほのか会長)から届いた、
高価な胡蝶蘭の鉢植えを前に、
孫娘「歌奏」の、
s-CIMG1892.jpg
泣き笑い”はしゃぐ声”をBGMに、
久しぶりの楽しい一家団欒となった。
思えば、
昭和40年春の高卒を経て、
そのまま”熱海市民”となって
早42年の月日が流れたことになる。
その間、
熱海を軸に東京、名古屋、大阪在住の、
知人・恩人・友人の知遇を得て、
今日、
熱海市議会議員として、
立ち振る舞いできる
”チャンス”を与えて頂いたのも、
小生を信頼し事業を支えてきた、
家族やスタッフに負うところが多く、
前進することで立塞がった
幾多の”壁”を、
その都度乗り越えられ、
災いをリセットし、
”ツキ”に変換できる”コツ”を得たのも、
”信頼感”の構築による、
プラス思考の賜物だったと
”只管”、手巻きを口に運ぶ、
子どもたちを前に、
”オヤジ”の人生経験を押し付けたようだが、
聞いていたのかどうかは定かではない。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment