伊勢神宮から「モッツ出版」へ

今朝も5時少し過ぎに、
窓を叩く激しい雨音に眼が覚めた。
昨夜は熱海に戻り、
金曜日という事もあり、
”ラーメン屋”(Ya~Ya~屋)の、
洗い物係を担当、
布団に付いたのは午前2時半を過ぎていたのだが、
昨日の、
賢島「宝生苑」での早起きが、
脳にインプットされていたのか、
早くに眼が覚めたようだ。
といっても、
2日間空けた
”愛犬ふ~”との散歩タイムまでには、
まだ時間が早すぎ、
週刊誌を捲り”二番寝”し、
布団から離れたのは、
午前7時30分を過ぎていた。
雨は上がる素振りを見せるどころか、
益々雨脚を激しくしていた。
午前9時近くに傘を差しながらの、
山道コースを歩いたのだが、
「ふ~」は”ウンチ”をすると、
雨の中の散歩が苦手なのか、
後退りしを始めたので、
コースを引き返す。
途中マンション”ラヴィ熱海”の、
石川管理人さんから、
”猿”がこの周辺に常時出没し、
マンション住民から、
ベランダに入り込み、
威嚇されて怖い、
との、苦情が多いので、
何とかして欲しい。と、
相談を受ける。
週明けにも、
担当課職員と相談する予定だが、
この猿、
湯河原から越境して来る、
観察票付の可能性が強く、
正直、
熱海市でも対策に苦慮しており、
相談を持ちかけられても、
明快な解決方法を
提示できないでいるようだ。
さて、
昨日の朝、
賢島のホテルでは、
朝5時30分に目を覚めた。
隣の布団では”禰宜”さんが、
夕べの疲れを引きずったままの格好で
寝ており、
窓際に寝ているはずの「宮司」さんは、
既に「大風呂」にでも行ったのか、
布団は蛻の殻だった。
小生も起きざまに2階の大風呂に。
やはり、
宮司さんは朝風呂でリラックスしていた。
部屋の戻り
カーテンを開けると、
目が痛くなるほど眩しい朝日が、
島向こうから窓越しに飛びこんできた。
s-CIMG1951.jpg
朝7時40分の出発に合わせ、
昨夜の宴会場で
朝食を済ませ、
伊豆箱根観光バス「6号車」に
全員顔を揃えたところで、
伊勢神宮へとバスは動き出す。
参拝ツアーを指揮するのは、
近畿日本ツーリスト「木川」女史。
ここ2~3年来彼女が奉賛会の担当で、
真ん丸い”体型”と性格で、
常連さんにはお気に入りの存在。
木川女史の説明により、
内宮、外宮と例年の式次第にそって、
公式参拝が開始された。
今年厄年を迎えた諸氏10人(一人欠席)も、
神妙な面持ちで参拝を経験したようだが、
小生がこの”お伊勢”参りに参加して10年余り、
男42歳の大厄を払った男たちが、
10人も忌み慎み、
「伊勢神宮」参拝に駆けつけたという、
この年代を引っ張る統率力や協調性に、
改めて、
感心させられた次第である。
「来宮神社」奉賛会だが、
ここ数年来メンバーの老化が進み、
世代交代が叫ばれる中、
小生も総代の一人として、
新期会員確保の必要性を事有る毎に、
市内の関係者と話し合ってきたが、
基幹産業の長引く不況と、
少子高齢化が著しく加速しており、
加入者の負担などを加味すると、
そう簡単にはコトが運ばないでいた。
しかし、
今回の”お伊勢参り”を通して、
そうした懸念も、
杞憂であれば幸いである。
s-CIMG1953.jpg
s-CIMG1956.jpg
”おかげ横丁”での自由時間を楽しんだ後は、
昨日報告したとおり、
来宮神社奉賛会の皆さんとは、
神宮会館で別れ、
予約していたタクシーで、
五十鈴川駅まで飛ばし、
12時11分発の
近鉄特急に時間を余しての到着となった。
在来線の電車や特急を写し、
s-CIMG1957.jpg s-CIMG1958.jpg
名古屋駅まで、
約1時間20分で到着し、
名古屋発「ひかり」号に乗車し、
東京駅に着いたのは、
午後4時少し前だった。
午後5時の約束の時間に
大分間があったので
山手線で御徒町駅で下車、
アメ横をヒヤカシて歩き、
上野駅から、
銀座線で田原町まで乗車して、
高須基仁氏の、
「モッツ出版」に表敬訪問したのである。
そこには、
日本を代表するメディア担当者が、
高須氏を囲んで、
談笑している最中だった。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment