磯料理「味秀」

今朝10時から、
熱海市庁舎5階会議室において、
熱海市議会9月定例会にむけた、
議会運営委員会が開催された。
発言順序が決まり、
小生は、
10月10日(火)、
午後3時50分頃の登壇となった。
さて、
熱海市”夜の繁華街”の繁華街といえば、
”やせ衰えた”とはいえ、
中央町界隈には、
まだまだ
”夜の熱海”を牽引する飲食店が
肩を寄せ合うようにして、
軒を連ねている。
小生が所属する、
月一親睦会の一つに、
”アキンドたちの夕べ”がある。
先日はその中央町の一角、
花本ビル地階の、
磯料理「味秀」において、
メンバー一同が顔を合わせた。
前の日に退院したばかりで、
この日の午後4時15分には、
来宮の「小圷歯科」で、
前歯を治療し、
午後7時からは、
”アキンドたちの夕べ”と重なって、
これも月一親睦会、
「ほのか会」(メンバー18人)が
小生の店(Ya~Ya~屋)で開催され、
その合間を縫って、
駆けつけるという”慌しさ”だった。
集合時間より約30分遅れで、
「味秀」に到着し、
遅くなった非礼をわびて着席。
この「味秀」さんが入居しているビルは、
”アキンドたちの夕べ”のメンバー、
上野さん(拓進商事)が所有しており、
いわば店子での、
親睦会開催となった。
この店には何度も付き合いで利用しており、
営業して20年、
一貫して”地物のさかな”を提供する、
職人気質が、
地元・観光客を問わず、
多くの顧客に愛されてきた。
この「花本」ビルで開店する前は、
”渚町”(熱海交通裏)で、
野本オーナーの”お父さん”共々、
繁盛店として鳴らしており、
お刺身に焼き物、揚げ物に鍋物まで、
その手際よい”捌き”を、
今の「味秀」の特色として、
多くのファン層をつかんできた。
この夜の親睦会には、
天然鯛、かます、しまあじ、
秋刀魚等の刺身や塩焼き、
キヨミさんが持ち込んだ、
マツタケだけの”どっさり”入った、
「マツタケ鍋」、
焼き鳥やおにぎりまで、
品数豊富にずら~並んだものの、
ほとんど残らないほど、
メンバーは賞味しながら、
新市長に代わった、
議会の変化や、
市内で飛び交っている噂の真偽をめぐり、
情報交換した。
(オナーの野見忠男さん)     (味秀の座敷とメンバー)
s-CIMG1497001.jpg s-CIMG149311.jpg
(アミテック青木社長と花かがり小松店主)   (上野さんとキヨミ高橋社長)
s-CIMG149122.jpg s-CIMG149233.jpg
  (荒川左官社長と)         (野見マスターと太田会長)
s-CIMG149444.jpg s-CIMG149555.jpg
一晩で二つの”親睦会”だったが、
先月27日から
「下肢静脈瘤」手術を境に、
”断酒”と、
散歩を制限されているため、
カロリーを考えながらの、
食事制限も継続しているのだが、
このメンバーと和気藹々と話し込んでいると、
ーえ~いっ、呑っちゃお~かな~-などと、
一瞬の煩悩がよぎる。
花田医師からは、
シャワーも軽い歩行や飲酒も、
止められてはいなかったが、
傷口が完全に塞がるまでは、
”強がり”を隠して、
意志の強さを見せつける。
ここ(アキンドたちの夕べ)でも、
話題は、
齊藤新市長に関する質問と、
小生の”入院”に関する、
症状に対する興味が中心となった。
齊藤新市長に対しては、
9月議会での、
質疑応答の中から、
評価の一端を見極めなければ、
力量は判断できない。と、かわし、
小生が登壇する「10日」に、
暇があったら、
傍聴するように進言し、
「下肢静脈瘤」に関しては、
太股も3ヶ所と左脚付け根1ヶ所の、
執刀した痕を見せる。
もう一度、
「ほのか会」の会場まで戻らなければならず、
手術前に看護師さんから、
事務的に処分された、
”恥ずかしい話”で最後を締めくくり
大笑いのうちに、
「味秀」さんを後にした。
////////////////////
磯料理     味秀  
場所   熱海市中央町6-1(花本ビル地階)
電話   0557(82)2878

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment