DR喜夛の健康手帳(12)

7月10日(月)、
午後3時から「起雲閣」において、
平成18年度、
熱海・湯河原広域行政推進協議会が
開催された。
既報の通り、
小生は”熱海市議会”に
議員として付託を受けて初めて”長”と、
名の付く役職を、
”不本意ながら”受けることになった。
不本意というのは、
一人会派から「熱海会」に
移籍させて頂いた際、
ーこれで”憲三”も一匹狼から、
副議長や委員長ポストに色気を見せ、
”市長”に、頭を撫でられ、
言いたいこともいえなくなるーと、
支持していただいた、
市民の方々の中から
期待を裏切ったとの苦情を頂戴した。
しかしながら、
一人会派では、
各定例会で”当局”に対する質問時間を、
わずか”35分”に短縮されてしまい、
問題提起しても、
ここ数年は、
時間切れで交わされ、
忸怩たる思いの
フラストレーションは溜まるばかりだった。
これでは、
小生に、
市政に対する「市民」の不満を、
代弁させるという、
存在価値は失せてしまい、
反体制という
レッテルも希薄になってしまうことから、
熱海会の皆さんにご理解を頂き、
3月定例会より、
熱海会の一員として、
一時間以上の持ち時間を頂けるようになり、
”有線テレビ”を
視聴頂いている支持者の方々からも、
ようやくご理解頂くようになってきた。
この推進協議会の中でも、
挨拶に立った、
湯河原町の「米岡町長」さんから、
ー有線TVを拝聴して、
市長さんや当局の皆さんに、
ガンガン責めている”村山議員”さんが、
広域行政の委員長さんとして云々とー
ユーモアを交えながら、
小生の名前をあげて頂いた事は、
真に有難いことであり、
感謝した「協議会」でもあった。
協議内容については、
明日のローカル紙を見ていただく事にして、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今の話ではないが、
人間生きている限り大なり小なり、
様々な
フラストレーションやストレスに苛まされる。
では、
DR喜多のストレスへの対処法を
公開させていただくことにする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
ストレス
ストレスは目に見えず、
大変やっかいなものだ。
格差社会が広がり今日、
あらゆる人々が、
さまざまなストレスを、
かかえるようになっている。
私たちは異なった環境の中で、
周囲との調和を図りながら、
生活をしているが、
その中で、
生活上の大きな変化に、
めぐり合うと”ストレス”を受けることになり、
元の生活パターンに、
戻るまでの時間は、
そのストレスの大きさにより異なる。
配偶者の死や離婚による、
ストレスは、
最も大きいものだといわれている。
登校拒否や、
サラリーマンの帰宅恐怖症なども、
ストレスが大きな原因になっている。
またストレスは、
体の免疫機能を低下させ、
癌(がん)や心臓病などにも、
罹りやすくなり、
ストレスの対処法を間違うと、
色々な病気になる。
s-CIMG2452.jpg s-CIMG2456.jpg
s-CIMG2455.jpg
しかし一方で、
ストレスはうまく対応すると、
人間を成長させてくれる。
ある種のストレスの中で、
ほどよい緊張感を保ちながら、
物事を良いほうに考え、
目標に向って努力すると、
人間は少しずつ成長していくものだ。
怒ったりして、
強いストレスを感じると、
悪いホルモンが分泌され、
病気になったり、
早く老化したりする。
反対にいつも、
ニコニコと体をよく動かしていると、
脳内ホルモンが分泌され、
体を生き生きさせ、
予期せぬ力が出て、
人生を強く、豊に、
生き抜くことが出来る。
ストレスは発散させるより、
心身を鍛え、
バランスの良い体と考え方を作り上げ、
ストレスを感じ難くすることが大切だ。
(つづく)

1 Comment

  • ストレスですか。 人からの辛口な忠告を前向きにひねくれずに聞ける人も、ストレスをバネにできる人だなぁって常日頃から思います。 怒ってばかりいると悪いホルモンが出る・・そうかもしれませんね。 (*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

Leave a comment