「石森史郎」出版記念パーティー (序章)

脚本家「石森史郎」氏の、
映画生活50周年と、
2冊を上梓した”出版記念”パーティーは、
30日(日)午後一時より、
新宿郵便局通り、
「エスティック情報ビル四階」で
開催されることになり、
貞方邦介氏の
出版記念パーティーへ出席する前に、
同行した
「平石啓三郎」氏(関東警備保障社長)と、
東京駅から”地下鉄丸の内線”で、
霞ヶ関で下車、
日比谷線の乗り換え、
六本木「アマンド」二階で、
最終打ち合わせを行った。
集まったのは、
石森史郎氏、小生、
出版記念パーティーイベントを、
お任せした、
小池慎也氏(ブォーグプロモーション社長)、
アトラクションに、
所属タレントをお願いしてある、
宮川和男氏(ドリームステーションジャパン社長)が、
午後五時に集結した。
 
 (小池氏と平石氏)         (宮川氏と石森氏)
s-CIMG0448.jpg s-CIMG0449.jpg
話しているうちに、
パーティ会場が
変更になっていることを知らされた。
確か、
西新宿の”宝塚造形大学”校舎内で、
開催される”インプット”されており、
ーエッーと、
驚くと、
だいぶ前に変更になり、
小生に連絡済だと、
小池、石森両氏が声を揃える。
校舎内で、
紙コップと出前の軽食を用意し、
経費を安く上げ様という事だったのだが、
小池氏の根回しで、
予算の範囲内で”体裁”を整えたと、
嬉しい報告だった。
小生が司会進行を担当し、
発起人が、
大谷信義氏「松竹会長」、
富山省吾氏「東宝映画社長」、
佐藤直樹氏「日活映画社長」、
黒井和男氏「角川ヘラルド映画社長」と、
そうそうたるメンバーが、
名を連ね、
友人発起人には、
新井裕司氏(東京国際学院高等部学園長)、
大林宣彦氏(映画監督)、
小杉修造氏(近代映画社社長)、
高橋弘氏(万葉倶楽部会長)
細川ふみえさん(女優)、
川端慎二氏(劇団NLT代表)、
キャッシー中島さん(オフィス35社長)、
喰始氏(WAHAHA本舗代表)、
加藤正人氏(日本シナリオ作家協会長)
杉田成道氏(日本映画テレビプロデューサー協会長)、
堀北昌子氏(日本映画テレビスクリプター協会長)、
中崎吉廣氏(ドラマステーション代表)、
金森珍氏(劇団新宿梁山泊代表)、
高取英氏(月食歌劇団代表)他、
一線級の方々が、
案内状に列記されており、
いくら場馴れしているとはいえ、
石森氏ご夫妻にとっても、
栄えある”祝賀会”であり、
緊張感は拭えない。
来賓者の挨拶順序も、
当日になってみなければ決められず、
結局式次第は大まかにして、
あとは、
当日”ぶっつけ本番”ということだから、
尚更の事である。
”アマンド”では約一時間ほどで、
解散して、
石森氏だけ残し、
途中”ワンボックスカー”で迎に来た、
「大竹啓之」氏と、
同乗してきた「黒滝由衣」さん共々、
貞方氏の
”出版記念パーティー”会場に着いたのである。
会場には、
入りきれないほどの関係者が集まり、
貞方パーティーで顔見知りになった、
村上綺珠さん、不和梓さん、
大竹氏、三橋氏、夫氏、
井上愛さん,
沙那田さくらさん等も、
祝福に駆けつけていた。
s-CIMG04520.jpg s-CIMG04580.jpg
s-CIMG04610.jpg s-CIMG046300.jpg
s-CIMG04700.jpg s-CIMG04710.jpg
s-CIMG046400.jpg
また「熱海」からは、
山田氏(栗本石油)、
高橋氏(キヨミ)、
石井保太郎氏(石井工務店)に混じって、
”こがし祭り”の際、
ご紹介した、
宮沢さん(写真上)や、
”藍花”の娘さん(写真下)も、
ドレスアップした姿を見せた。
s-CIMG0472000.jpg
s-CIMG0473000.jpg
パーティ終了後は、
近所のラーメン店にて、
”腹を満たし”、
大竹啓之氏の運転する、
ワンボックスカーで
平石氏と”熱海”に到着、
そのまま、
中央町のイタリアンレストラン、
「柿の木」にて、
大竹氏の労に感謝することに。
「柿の木」には、
杉山ご夫妻(やきとりのすぎ山)や、
山田畳店主さん等が、
午前2時近いカウンターを明るくしていた。
ー石森出版記念パーティーの模様は明日以降にー

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment