熱海観光港の”居心地”

早いもので、
5月も今日で終わりだ。
明日からは”駐車中”の車に
運転手がいない場合、
チョークで印を付けたり、
一定時間後に違反標章を張るなどの、
猶予を一切認めず、
民間の駐車監視員や、
警官が、
違法駐車を最初に確認しただけで、
即”アウト”という、
厳しい取締りが強化される。
熱海は観光を生業としている。
熱海駅への送迎や、お土産物等の買い物にも、
待ったなしで”課金”されることで、
観光客や今後の車で来る宿泊客への販促に
どの程度の”悪影響”を及ぼすのか、
現在のところ、
想像すら出来ない状況である。
さて、取締りといえば、
ここも”何とかなりませんか”との、
関係者の声が聞こえてくる場所である。
そこは、熱海観光港埋立地
熱海市和田浜南町と言えば、
熱海港(相模湾)に隣接し、
昼間は海を一望でき、
夜は夜景が素晴らしく、
”宿泊”するものの、心を
昼夜”W”(ダブル)で癒すと評判の地域である。
「熱海後楽園ホテル」や「秀花園」、
「ウオミサキホテル」、「サンミ倶楽部」、
「玉の湯ホテル」、「しろき」、「渚館」等の
s-CIMG0097.jpg
s-CIMG01000.jpg
有名ホテルが軒を連ねている。
s-CIMG0103.jpg
観光港埋立地は、
公園は静岡県、
埋立地は熱海市と所有権が区分されている。
この地域は、
熱海市内外から”釣り”や”ウオーキング”、
各種”イベント”で多くの人たちの
憩いの場として利用されている。
だが、
以前から不法駐車や
ゴミの不法投棄が後を絶たず、
関係者の悩みの種となっていた。
小生が「愛犬ふ~」と、
午後の散歩でデジカメに収めたのが、
”静岡県土木事務所”が、
立ち退きの警告書を張り出した船着場や、
市有地に置き去りにされた
”車”と”見慣れぬ帆船”、
放置されたままの壊れた自転車、
s-CIMG9301.jpg s-CIMG9302.jpg
さらに観光地の景観にそぐわない、
”自炊定着型テントハウス”が目立つ、
公園”の様子である。
s-CIMG9304.jpg s-CIMG9308.jpg
熱海温泉の居心地の良さを、
ストレートに表す”裏の構図”とでもいうのか、
s-CIMG9306.jpg
こうした状況が拡大すれば、
観光客へのイメージダウンを誘い、
拡大解釈すれば、
熱海市基幹産業の
”経済的波及効果”を
阻害する可能性も否定できない。
この”観光港”にも、
明日から施行される、
駐車監視員のような、
各行政担当者による
一定の配慮をお願いしたいものである。

2 Comments

  • 沼津 ノボル
    いつもありがとうございます。 これからもごひいきによろしくお願い致します。
  • 村山憲三
    ど~も。

Leave a comment